失敗から思っくそ学ぶ

昨日家に入れなくなった話をしたが、
結局内鍵のフックを壊すだけで
280ドルも取られた。

油断した。

日曜であり、
緊急性の高い時は、
値段が上がるのを忘れていた。
パンデミックでも
週末料金だったのだ。

そこで痛みを知った僕は
すぐに何かを学ぼうと書き始めた。

学んだこと
・事前に相場をチェック
・呼ぶ前に値段交渉
・普段から人のために金使う

いつもこうやって反省文を書く。
痛みを感じた時ほど書く。

失敗から学べばそれは投資になる。
何も学べなければ浪費で終わる。

浪費から投資へ。

そのチャンスは失敗の直後しかない!

僕は自分がお金ない時ほど、
人のためにお金を使え、
というモットーがあるが、
こういう失敗をする度に思い出す。

この280ドルを誰かのために
使っておけばよかった、という機会が
ないように普段から仲間のために使おうと。

だから大事な人のためにお金をケチった記憶は
思い出せる限りない。借金してでも使ってる。


と今回も大きな学びがありました。

ご褒美に世界一好きな
そぼろを数年ぶりに食べた。
植物性のひき肉と、
植物性の卵で作った、
”未来型そぼろ”。

まさか脱肉食を心がけてから、
そぼろが食べられる日がくるとは。

悪いことがあれば、
良いことがある。

とても勉強になった1日であった。

著者のDra gonさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。