交換留学生。私の経験


交換留学生であることは難しいことでもあり、楽しいことでもあります。難しいというのは、うまくコミュニケーションがとれるように言語を学ばなければならないということです。しかし、新しい人々と出会い、日本の文化を学ぶことは楽しい経験でもあります。

1ヶ月目

交換留学生になって最初の1ヶ月間は、JRAのレースを見に行こうと誘われました。私は競馬のファンではないので、何を期待していいのかわかりませんでした。ツアーガイドの方が、なぜ競馬が彼らの文化の一部になっているのかを説明してくれました。刺激的なのは、騎手に会う機会もあるということです。

騎手との簡単な挨拶の後、建物の中を探検し、近くのレストランでボリュームたっぷりの食事をしました。

さて、交換留学生としての1ヶ月目は順調でした。私たちがしたことは、東京を探索し、美味しいレストランで食事をすることだけでした。

2ヶ月目

交換留学生になって2ヶ月目は、慣れるのに苦労しました。それは、日本語の語彙をたくさん学ばなければならないからです。また、毎週のように特別な語学クラスに参加しなければなりません。

難しいですが、私はよくやったと思います。先生は、私たちの学習ペースが速いと言ってくれました。信じられないかもしれませんが、今月は疲れましたが、楽しかったです。

新しい友達もたくさんできました。授業で習った簡単な日本語の文章を使って会話をするのはとても役に立ちました。

3ヶ月目

この時点で、なんとなく日本語で完全に会話ができるようになりました これは大きな成果だと思います。まだまだ表現することは難しいですが、友達が助けてくれます。

今日は評価の月でもあります。幸いなことに、私は言語と文化のテストに合格しました。実際、寮の近くにあるお気に入りのお寿司屋さんでお祝いをして、夕食を食べました。

それに加えて、大阪への急な旅行もしました。本当に寒いです。私たちは自分たちの体を温めるために何枚もの服を着なければなりません。ここでは、私たちが訪れた場所のいくつかを紹介します。

  • 世界最大級の水族館がある大阪水族館

  • 大阪城-最大規模で有名なランドマークの一つです。

  • あべのハルカス-日本一高い超高層ビルです。

  • 旭吹田醸造所-それは無料のツアーを提供しているビール醸造所です。

四ヶ月目

悲しいかな、交換留学生としての最後の月です。また、帰国後に必要な単位についても説明を受けました。

充実した時間を過ごすために、できるだけ街を散策したり、ぶらぶらしたりするようにしました。別れを告げるのは難しいですが、日本での生活を経験できることに感謝しています。


著者のTakuya Hiyaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。