超地味OLゼロからの挑戦。30歳で単身渡米しハリウッドでエミー賞にノミネートされるまでの話

1 / 8 ページ

毎日を悶々と過ごしていた超地味OLの私が

経験も、知識や技術も、英語力も、就労ビザも

全て無し無しの状態で30歳で単身渡米。


全くの新しい世界に挑戦し

ハリウッドで一流の方々と一緒に

お仕事をさせていただけるようになり

エミー賞にノミネートまでされた、という話です。


私のストーリーが

誰かの心に

ほんの少しでも響いて

一歩を踏み出す勇気や自信に繋がれば


という思いで書いてみました。

必要な方へ届きますように...


---------------------------------------------------------------


コロッケ定食vsトム・ハンクス

2008年

アメリカ・ロサンゼルス

映画の都ハリウッドから車で15分程

LAダウンタウンのノキアシアター

 

映画館のスクリーンでも

テレビ画面でも

スマホの中のYoutubeでもなく

 

目の前のステージで

俳優のトム・ハンクスが話している


ハリウッドには

有名人のソックリさんパフォーマーも沢山いるが

今、目の前にいるのは

紛れもなく本物だ

 

トムがジョークを言って

会場の皆んながドッと笑う

 

昔なんかのテレビで

見たことがあるような光景だ



違うのは

一緒に笑っている

イブニングドレス姿の私が

そこにいること

 

笑いながら

ふとある光景を思い出して

不思議な気分になった




1994年

東京、神楽坂

 

時計を見ながら

『退社まで後3時間...』

カレンダーを見つめて

『週末まで後2日かぁ...』

 

そんな毎日の

唯一の楽しみはランチタイム

 

色も丈の長さも襟なしのデザインも

全てビミョーに残念な制服に

”つっかけ”スタイルで片手にお財布


『今日はコロッケ定食にしようかなー?』と

同僚と一緒に神楽坂の坂を下る私

 


毎日が

周りが

全てが

グレーに見えて

 

コロッケのみが

1日の唯一の楽しみだった

あの時の私には

 

アメリカのハリウッドで

エミー賞の授賞式に参加し

目の前で話すトムのジョークに

笑っている自分なんて

1ミリも想像できなかった

 


あの時の

あの決断が

 

コロッケ定食かトム・ハンクスか

 

私の人生がどっちに転ぶかを決めた

と言っても過言ではない、と思っている。


---------------------------------------------------------------

悶々と生きていた日々


今思うと

もしかしたら

物心ついた頃からずっと

常に心のどこかで

 

心から、楽しい!幸せ!

と思えたことがなかった様な気がする。


側から見れば

不幸ではないだろうし

幸せに見えていたかもしれない。

 

でも

 

常にどこかグレーだった。

全てが。

心の中が。

 

自分の本当の居場所や幸せが

著者のEtsuko Ujiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。