極めよう、世界の働き時間

急務!「働き時間」の分散


先週の金曜日から今週の月曜にかけて

インドではDiwaliという大連休になっている。

去年までは全くの他人事だったこの行事が、

今年はモロに影響を受けている。


そう、今仕事をしている多くの人がインド人だからだ。


現在プロジェクトで外注してる

インド系の会社だけでも3社ある。

個人を入れたらもっとか。

中にはもうすぐ公開予定の大事なプロジェクトもあり、

正直このインドの連休はお祝いしたい気持ちは山々だが、

なかなか痛いところでもある。


そこで思った。


分散しないといけない。


今世界で分散は一つの大きなテーマだ。

住むところの分散。

仕事の分散、

資産の分散。


そしてここに

「働き時間」の分散、

を加えたい。


世の中には色々な「働き時間」がある。


宗教上、金土日しか働かない人。

週7だが好きな時間に働いてる人、

アメリカ時間の夜に働いてる人(時差)


など。


アメリカの大企業は

この「働き時間」の違いを利用して発展してきた。

その証拠にコールセンターには

インドやフィリピンが多い。

彼らが人件費が安く、英語が話せたことが大きいが、

アメリカ人が寝てる時に彼らは時差で起きている、

という働き時間の違いが大きな要因の一つだった。


僕は今インドの休みに直面して痛感している。


・インド時間に偏らないよう「違う時差」のメンバーも入れよう

・土日でも働いてる人を探そう

・彼らが相互に情報交換をしてバックアップできるような仕組みにしよう


海の外に出て10年。

海の外から海の外の人と働き始めて3年、

まだまだ学ぶべきこと多く、進化の余地は山々だ。



極めよう、「世界の働き時間」

著者のDra gonさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。