第54話 結果は弱点露呈、最後の関門は上げ予測(買い)強化

以下は、本日2020年11月18日(水)の日経225先物miniの相場です。


要するに、最後の関門である私の弱点は、同日9:10~9:30のような
MACD -50圏内の爆下げトレンドであっても、反転上昇を狙った底買いができないことです。しかし、今日は以下表のようにあえて取りに行きました。



2020年10月以前の私なら、MACD-50の下げトレンドカーブを見た瞬間、無条件にできるだけ高いところから、戻りから売りを目指すところ。

「たられば」的観点から眺めると、その狙いでも、結果的に同日14:30から急落があったので、勝ちは勝ちだったかも知れませんが、問題なのは、当該急落がなく、翌朝5:30まで延々と上げ続けた場合です。
そのパタンで▲ドカーンとやったのが、以下表2020年11月4日と11日
2020年11月は、大きなマイナスからの出発となりましたが、
ここから持ち直せないようでは、最初から長期右上がり安定の実力はなかったとご判断下さい。その後の経過は、追ってアップします。



著者の白石 有さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。