失敗日記をつけよう

ドイツの政治家オットー・フォン・ビスマルクは言った。

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。 愚かな者は一度自分で経験してみないと分からない。 それに対し、賢者は他人の経験(歴史)にさえ学ぶことができる」


僕はあまり過去に執着がない。

「学生時代は楽しかったなー」

「子供は呑気でいいなー」

「年とりたくないなー」

と大人になるにつれてそんな話をよく聞くが、

僕は一切思ったことない。

常に今がベストだと思ってるし、

これからどんどん良くなると

なぜか心から思ってる。

根拠はない。


そんな感じで過去に執着はないのだが、

過去を学ぶことは好きだ。


今は平和なのか?

コロナはやばいのか?

これからアメリカ、中国はどうなるのか?


こういうことを知りたいなら、

「今」を勉強しても無駄だ。

歴史を振り返らないといけない。


過去の戦争時代はどうだったか?

スペイン風邪の時は世界はどうなったのか?

なぜスペイン、イギリスは覇権国家から転落したのか?


過去は「今」を知るための道具であり、

より良い未来を作るための道具になる。


僕が「過去」という道具を使う時は、

思いを馳せるためではなく、

・未来を予測したい

・未来のために同じ失敗を繰り返したくない

と常に未来ありきだ。


「人間が歴史を学んで分かることは、人間は歴史から何も学ばないということだけだ」 ドイツの哲学者、ヘーゲル


僕は毎日1行でもいいから、

失敗日記をつけるようにしている。

それを週末、月末に必ず振り返るようにしてる。

それは過去を振り返ってほくそ笑むためではなく、

同じ失敗を未来に繰り返させないためだ。


すると自分のことが良くわかってくる。

いかに同じ失敗を繰り返していたかが。

そこで学ぶ。

人間は失敗を忘れ繰り返す生き物だということを。


「人間が歴史を学んで分かることは、人間は歴史から何も学ばないということだけだ」 ドイツの哲学者、ヘーゲル


忘却を認識して初めて次の段階でいける。

忘れないようなシステムを組むこと(失敗日記)で、

同じ失敗を繰り替えさなくなる。


まずは自分が失敗を忘れていることに

「気づく」ためにも毎日1行でいいから

失敗日記をつけよう。

著者のDra gonさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。