タイの時計屋でサリーちゃんに出会った。

1 / 2 ページ

【これは自分探しのために、タイに渡航した当時大学2年の私が、サリーちゃんという、何ともまあ女優・長澤まさみそっくりな時計屋の娘に出会い、淡い恋心を抱いてしまった話です。
…ああ、元気かなあ、サリーちゃん...。】

2009年、大学2年の夏。

私は、大学の授業に全く興味を持てずにいた。勉強が手につかない。

”大学で身につけた知識やスキルを活かして、会社で働きお金を稼いで家族を養う。”

そんな社会の流れは十分に分かっているつもりだったし、”将来のためにちゃんと学べよおれ!”などと言い聞かせてはいたけれど、頭が覚えることを嫌がってしまうほど興味のないことを、無理に見つけるなんて私にはできなかった。


(この分野で飯を食って行くことはできないだろうなあ)

授業中、マイクで拡張された教授の声を聞くと、いつも憂鬱になった。周りの机では、その声を追いかけるシャーペン、窓の向こうでは蝉がうるさい。(今思うと、親にとても申し訳ない事をした。)



(興味が湧かないよ。)

ガリガリと勉強する友達をよそに、私は上の空だった。



「何であればのめり込めるのか。情熱を持って学び、将来の武器にできるのか。」


授業中はいつも、その事でぐるぐると頭が回った。

男だらけの工学部の教室、クーラーの吐き出す風に汗の臭いが混ざって鼻につく。私は焦っていた。




いったい自分は、何に興味があるのか。



大学2年の夏。期末テストを目前にしたある日、いつものようにそう考えていたら、


(・・まあ、国際協力には興味があるのかもなあ。)

そんな思いがぽっと浮かんだ。


当時の私といえば、バックパッカーなるものを初めて知った頃。


バックパッカーとは、バックパックと呼ばれる少し大きめのリュック1つに、食料や着替え、携帯湯沸かし器から、列車の中でよみたい本まで、旅先で必要となる色々を詰め込んで、見知らぬ土地を歩いて回る人のこと。


「大学生の中には、そのバックパッカーというスタイルで、海外を旅するやつもいるんだ。」
先日、友人のMはそう教えてくれていた。そして、そんな彼もちょうどタイへ行ってきたんだと。

「タイに一人で行って来た。」

大学生って、そんなことしていいのかと、ちょうど驚いていた頃だった。



教室を後にして、キャンパス内を歩いていた私は、先日彼がいったその言葉を思い出していた。


(1人で海外かあ。自分の好奇心に向かって、おれもそんな思い切った挑戦をしたい。自分を開いていきたい。)
(おれの興味は国際協力にあるかもしれないけど、でも実際のところそんな確証はない。)
・・・
(あ、おれも、Mのように実際に途上国行って、興味の所在が国際協力にあるかどうか、確かめてみるのはいいんじゃないか…?)
…おお、それだ! それやってみよ!


私はスーパーチキンだったが、そういきり立ち、世界の貧困問題をこの目で確かめようと決意した。

このおれもバックパッカーデビューだ。心が踊った。



みんなの読んで良かった!