パンデミックでニューヨークはどう変わる

人類と病原菌の歴史は長い。

紀元前3000年-5000年頃には、
すでに病原菌の記録が多く残っていて、
ユダヤ教の旧約聖書にも頻繁に記載されている。
感染者は40日隔離しろ、とりあえず離れろと。

そもそも病原菌の60%以上は、
動物からもたらされたと言われていて、
動物の家畜化が始まったのもちょうど紀元前4000頃だ。
流行りのインフルエンザも鳥や豚だし、
今回のコロナも動物説も多くある。

そして病原菌は、
古代ギリシャのアテナの民主主義を崩壊させ、
あらゆる王朝を滅亡に追い込んできた。
アステカ帝国やインカ帝国、インディアンを滅ぼしたのは、
スペイン人ではなく彼らがヨーロッパからもたらした病原菌だ。
今アメリカの民主主義もかなり脅かされてるのは、
誰の目からも明らかであり、
これは歴史を見れば必然の流れだと言える。

と暗い話になりそうなので、
ここから一気に明るい話に切り替えます。

歴史を辿れば、
パンデミックを前後に、
都市は清潔になっていく!ようだ。

実際、このパンデミックを契機に、
自転車道路を整備した国は多いし、
ニューヨークでも歩行者天国や
屋外レストランが許可されるようになった。
これは一時的と見せかけて、
恒久化する可能性は高いと思っている。
自動車の販売も落ち込み、
自動車に乗る人も減り、
交通機関がクリーンになり、
街も空気も綺麗になっていく。

僕は最近のニューヨークも好きだ。
街は静かで、空気も綺麗で、
とてもゆったりと時間が動いている。
ニューヨークのあの”忙しさ”は、
高いビルがそびえ立つ摩天楼によるものではなく、
密集した”人”によって作られていたんだと
今になるとはっきりわかる。

これから人は、
密集した都市を避け、
郊外へとどんどん出ていくだろう。

さて取り残されたニューヨークはどうなるのか。

こんな時だからこそ僕は、
ニューヨークにあえて残り、
この街の変わりゆく姿を、
のんびり眺めていたいと思う。

人が離れれば離れるほど、
離れていった人が望んでいたような、
密集しないクリーンな街になって行ったりしてね。

いつだって面白いのは逆張りだ。

まずは物価が下がることを祈る。。




著者のDra gonさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。