毎週1人ずつ消息不明になる職場

豊田がとびました。

飛ぶ・・・突然ある人が会社に来なくなってそのまま辞めてしまうこと
2020年秋、この1ヶ月で4羽目。
毎週1人ずつ、音信不通になっていく。
日々の業務に忙殺され、その事について深く考えることはなかった。

しかし今日、突然だ、
豊田が戻ってきた。
朝出社すると​、飛んだはずの同僚が座っていた。
「すみません、ご迷惑をおかけしました。」
数週間、音信不通だった彼女は、何事も無かったかのように座っていた。
僕だったら気まずくて再び会社に戻ることはないだろう。
その精神力に感心したし、何より元気そうで安心した。

「なんだか今日は良い日だな〜」

久しぶりの再会が嬉しくて、僕は柄にもなく口にした。
豊田は、照れ臭そうに笑った。
笑っていたのにだ。
「お世話になりました」
豊田は自分の机を空にし、同僚に別れの挨拶を済ませていた。
すぐさま、会社を去っていく彼女を追う。
苦悩の末に出した答えだ。とやかく言うつもりはない。
ただひとつだけ、どうしても確認したい事があった。
狩野さんに挨拶したの?
狩野は業務上、豊田のバディだった。
突然相方が消え、全てを背負った、苦しみは計り知れない。
「怖くて、怖くて、とても挨拶できません、、」
「ここで帰ったら、一生後悔するよ」
僕は引きずるようにして、狩野のところへ連れて行った。

「狩野さん、本当に、本当に申し訳ございませんでした。」
少し離れた所で見守っていると
「おお!元気そうでよかった!」
「そうか辞めるんだね。新しい仕事決まったら連絡してね!」
豊田は緊張が解けたのか、狩野の優しさに泣いていた。

僕は心の中でガッツポーズ。
半ば強引に連れて来たが、間違ってなかった。
廊下で微笑む僕の前に、先輩がやってきた。
そして言った

物好きだね、時間の無駄でしょ

衝撃だった。
心無い言葉はもちろん。それ以上に、

激務に耐えられず、先日まで同じように飛んでいた、
豊田の気持ちに最も共感できるはずの人物だったから

僕が入社したのは激務と言えばの、マスコミ業界。
その辛さに耐えきれず人の入れ替わりも激しい。

時間の無駄・・・

入れ替わりが激しいゆえに「辞めていく1人にいちいち構うな」
という事なのか

それとも
「仕事が出来ない、新人のお前に、そんな時間の余裕ないから」
という事なのか

毎週1人ずつ音信不通になる
上司は休みなよと口にするだけで何もしない

右も左も分からない新人の僕。
それでも一つだけ分かる。
この職場、異常だ。




















著者のTakumi Moritaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。