ディズニーランドの救護室にお世話になった18歳の専門学生の話

 私は、人混みで過呼吸になる。緊張する。


 ディズニーランドが好きなのに、人に酔うので、直感とか霊感が強い人ならわかるとおもうのだけど、ひとの念というか、人のオーラというか、なんといったらいいのか、身体に流れてくる。

 気功?かな。波動?
 虫の知らせというのか、私は脳裏に浮かんだ人に電話すると事故にあった直後ということが何回もある。
 私の電話で事故ってるんじゃないので誤解なきよう。

  わかるんだよね、昔から。

 このひと、死期が近い、とか。このひと幸運が押し寄せるとか。このひとバズりそう、とか。

  Spoonアプリで尽く証明したわけだけど。この直感みたいなものは、勘を鋭くし続けるためには、人付き合いを制限しないといけない。

 【仙人】みたいに、ほぼ人付き合い減らして、最低限にして、1人の時間を増やして瞑想したり、気功したり、自然に触れていけば誰でも五感を鋭くできます。

 あとはトレーニングかな。呼吸を整えて全神経集中すればいいと思うんだけど、これをひとに言うと【そんなこと出来ないよ】っていわれるんだよね。

 鬼滅の刃の全集中!みたいなもんだよね。でもね、これ漫画の世界じゃなくて、普通にみんな出来ると思うの。トレーニングすれば。
 みんな電磁機器つかいすぎて、神経やられてて、わからないだけなんだよ。と本気で思うけど。

そんな私ですが、ディズニーランドでパレード目前で
気持ち悪くなって、救護室へ。
ホーンテッドマンションの近くだったかな?!

 衛生士学校の女の子だけ10人弱できてて、みんなに迷惑かけちゃうのが申し訳なくて、『みんな、私は帰るからみんなはディズニーランド楽しんで。申し訳ないし』といって1人で帰ろうとしたら


「ことねだけ、帰せるわけないでしょ!!みんなで帰るよ」って


おいおいおいおい!!!!

パスポート買って、午前中だけで帰る・・・チケット代無駄になる。やめてくれ!!私が罪悪感でいっぱいになるから!!
と思うけど

みんな歯科衛生士になる子達。具合い悪い子を放っておけない。


その時
一瞬、闇のように視界が暗くなる。

貧血か?!と思って目を凝らす。

???

何今の。


ディズニーランドのあと、この10人の仲良し女の子たちは、厳しい臨床実習や試験を受けながら分裂して、喧嘩をしていく。

 卒業式には、仲良しグループがみんなメンバーチェンジしていた。

 闇。

 こういうことか。

 卒業式、に、みんなをみたら
光が差してた。

 ああライバル心むき出して、揉めて分裂したけど、これから、みんな少しずつまた仲良くなるのかもしれない。


そして思う。あまり知りたくないから
 鈍くなりたい。こういうの。
  恋愛とかは気が付きたいのに、激にぶいので、逆にして、神様。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。