仮説は実証して初めて真実となる!

仮説は実証して初めて真実となる!

=京大英語で8割を超える方法=

 

理想的な受験勉強の新しい形

30年ほど前にある予備校がDVDによる授業を始めた時は画期的な試みだった。地方には高校生を指導できる講師がほとんどいないので、地方にいながら東京の一流講師の授業を受けられるというのは新しいビジネスモデルとしてもてはやされたものだ。

 

しかし、今やインターネットが普及して高校生の誰もがスマホを持ち歩く時代になった。DVDの授業に高額の授業料を支払わなくても同レベルの授業が無料でいくらでも動画で見られる時代になった。スマホさえあれば、授業などどこでもどれだけでも見られる。

 

また、コロナの時に学校がオンライン授業を始めたのだがしょせんはアマチュア。プロの予備校講師が立派なスタジオで収録した授業とは比較にならないことが生徒の間で知れ渡ってしまった。

「学校の授業なんか受けなくても動画だけで十分!」

 

 授業だけではない。学校の先生方には問題を作る技術も時間もない。だから、ほとんどの学校は市販や学校専用の問題集を利用している。テストも同様だ。学校は大手予備校や教材会社の模試を学校内で実施している(たまに、その癒着ぶりが批判される)。

 

 学校が必要なのか疑問に思う子も増えつつある。

 

 もちろん、勉強の途中で疑問点が次々と出てくるだろう。その時は、Yahoo 知恵袋を利用する生徒も多い。ネットの中には無料で質問に答えてくれる人がたくさんいる。

 

 ただ、問題はその「解答」だ。ある高校生が英作文の添削を「Yahoo知恵袋」に依頼しているのを見たことがある。その「解答」は、おそらく浪人生か学校の先生が返信しているようだった。

しかし、その「解答」は間違い、あるいは到底ボーダーを超えられない内容だった。質問者はそれを正解と受け取って感謝の言葉が書いてあった。

 

京都大学の入試の実態

入試は「選抜テスト」であることを知る必要がある。京大の教授は研究優先で教育は二の次の方が多いと推察される。私が名古屋大学で出会った教授たちは旧帝卒の方が多かったが、その経験からの判断だ。大学の先生方は論文で評価が決まるのだから責められない。

 

 3倍の倍率なら「上位の3割をすくいあげる」ことが仕事であって「教育テスト」の模試や校内テストと採点基準も採点する人も違う。模試は結果が出るのに1か月かかるが、入試は2月25日頃から3月10日頃の発表まで2週間のうちに採点、合格者の決定、ネットでの発表などがあり急ぐ必要がある。

 

 その状況下で基本的なミスを連発する答案にどう反応するか。「三単現、単数・複数、時制」など中学校で習うミスを複数する答案に出会うとイライラするに決まっている。そういう答案は得点が5割を超えないことは、過去の卒業生の成績開示から分かっている。

 

私は名古屋の大規模予備校で多くの英語講師に出会ったが実力を感じた方はみえなかった。赤本も青本も解答をそういう講師が書いたようで余り評価できない。

 

 京大の二次試験を7回受けるのと並行して、Z会の「京大即応」を8年間受けて添削方法を盗んだ。大規模予備校の「京大オープン」「京大実践」も10回受けて訂正箇所を確認したが、納得できなかった。Z会では「六段認定証」をもらい、京大模試ではランキングに名前が載った。

 

 自分の方針で指導して京大医学部に3名合格した時点で、京大の採点基準は私が考えるとおりらしいと確信した。本当は、英検1級や通訳ガイドの国家試験に合格した頃から受験参考書を信用しなくなっていたのだが。

 

 私の書く英作文も過去京大医学部医学科に合格した方の答案も一見中学生のような構文と単語のみで出来ている。英語の上手な方は「難解な内容を簡単な英語で書く」。英語が下手な方は「簡単な内容を難解な英語で書く」。京大の先生方もそのように考えていると思われる。

では、結論。

「あなたは、どちらの予備校を選びますか?」

  1. 駅前にビルがありテレビでタレントを使って宣伝している有名塾。

  2. 名前を聞いたこともない田舎の小さな個人塾。

間違いなく「A」と答えますよね?

では、もう一問。

「あなたは、どちらの講師を先生に選びますか?」

  1. 旧帝卒、英検1級、京大二次で8割の留学経験のある先生。

  2. どの大学を出たか分からない先生。

  おそらく、「A」を選びますよね?

 大学受験生50万人のうち、東大・京大に合格できるのは6000人。つまり、上位の1%余り。医学部だと0.4%。つまり、超少数派の子たちしか合格できません。

 そういう子は、上記の質問にどう答えるか予想がつきますか?大多数の方の答えとは違います。

 人と同じことをやりながら、人より上に行こうと考えるのは狂気の沙汰なのです。

 

著者のキョウダイ セブンさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。