我慢しない勇気

IPhoneのでディスプレイが割れてる

のに、我慢して数年同じディスプレイを使い続ける


もう腹十分超えた、お腹いっぱい

なのに、頑張って最後まで残さず食べる


足が痛い

のに、我慢して数ヶ月同じ靴を履き続ける


でもこれって誰得だ?


ということが、

「勿体無い精神」が基本とされる

日本社会で頻繁に起きてる。

というか僕に起きている。


僕は最近まで足が痛くても

我慢して1日でも長く走ろうとしてた。

でもよく考えるとこれって誰得だ?

そもそもの目的は、

◯10年間走り続けることであり、

❌同じ靴を長く履くことではない

痛いの我慢して、

10年走れなくなったら本末転倒である。

はい、間違ってる。


僕は去年まで、

どんなにお腹がいっぱいでも

目の前で誰か友人が残してたら

頑張って食べるようにしていた。

残しちゃだめ、

勿体無い、

精神がバッチリ僕には染み付いてたのだ。


でもよく考えればこれって誰得だ?

そもそもの目的は、

◯美味しく食べること(最近で言えばパフォーマンスをあげる事)であり

❌注文したものを残さないため、

にレストランに行ってるわけではない。

レストランは修行の場ではないのだ。


残したら貧困の人に申し訳ない、

という人もいるだろう。

でもそれは偽善だ。

だったらそんなに注文しなければいいだけで、

あなたがそれを食べても捨てても何も世界は変わらない。

そもそもこの世界は、

餓死者(100万以下)より

食い過ぎ(糖尿病150万以上、その他、肥満関連300万人以上)

で死亡する人の方が多いと統計で出ている。

欺瞞はやめよう。


僕は2年前までIPhoneでディスプレイが割れてる

のに、数年同じディスプレイを使い続けていた。

でもよく考えたらこれって誰得だ

そもそもの目的は、

◯日常で気持ちよくIphoneを使う事であり、

❌同じIphoneを長く持ち続けること

ではない。


割れた画面を見続けていたら、

使いにくい場面がたくさん出て来て、

毎日見るものなのに気持ちよく使えなくなっていく。

さらに僕はそのために何回も画面修理に行っていた。

それならさっさとケースを買えば良い、

という事で2年前からディスプレイが割れることはなくなった。


こうやって僕は

「我慢をやめる」ことで、

少しずつ状況がよくなってきている。


それって何のための我慢?


今何かに我慢してる人は

たまには自分にそう投げかけてみたらいい。


我慢すべきもの

我慢すべきもの

目的に応じて明確に分けられる。


我慢する目的は何なのか


僕は10年走り続けるためなら、

あらゆることを我慢する。

それは目的が

健康のため、ではなく、

走るのが好きだから、でもなく、

ストレス解消、でもなく


「10年休まず40分走り続けること」

これだけが2018年8月1日に決めた

走り続ける目的だから。

著者のDra gonさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。