コロナ。金持ち企業。借金企業。生き残る方法を考えろ。脳は使わないと漬物石のように重たいだけの話。

前話: 39歳未経験、未開拓ジャンルの大手生命保険会社のセールスレディの正社員になれた話。

 コロナで一流企業が倒産していく・・・






 これすれば大丈夫、神話がついに崩れました。勝ち組、負け組と呼ばれた時代の象徴が、ついに崩れ去る。コロナというワケワカメなウィルスによって。


 生き残る方法を、みんな考える!
 ボーッとすることも必要だけど、いまは頭を動かせろ!脳みそは、使わないと漬物石のように重たいよ?!

 わからないときは、インフルエンサーのTwitterのツイートをみたり、アンテナを貼って危機を察知する五感を磨いていくしかない。


  【自分の身を守れるのは自分】です。なにかあってあれがこれが言い訳しても、誰かのせいにしても状況は、変わらない。


 それはなぜ起きるのか?

 【甘えだ】
甘えてもいいんだよ?
でもね、生活力に関しては妊娠出産、病気以外では、自力で稼げるようツールをつくっておいたほうが、確実。

  誰かに守られて生きてもいい。

 だが、その旦那が社長だろうと、インフルエンサーだろうと、人気者だろうと、奥様、それをステイタスにしてもいいが、 コロナで
 無くなったら
  離婚するんですか?


 自分の稼ぎも残しておけ。

 自分でも稼げると強いよ。

 いいですか?

 【令和のシンデレラガール、女性は王子を待ってるだけじゃだめ。自分から迎えに行け!!】

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。