ファイナンシャル・プランナー3級。保険のコンサルタント。保険のオバサンと呼ぶのは時代遅れ。

  保険のセールスレディを嫌いにならないでください。

 押し売りするセールスレディもいるかもしれませんが、私は違います。

 全員がそうではないことを、知って欲しい。

 コンプライアンスがあります。
 仕事で知り得た事は、書けないし、言えない。

 ですが
 お客様のために、動く生命保険会社もあります。

 私は、この会社に入って、人間関係で悩まなくなりました。温かい人間関係で構成されていて、ノルマというか、契約とることや、アンケートとることは、大変です。

 だけど先輩たちと一緒に、どうすればお客様の気持ちに刺さるのか、感動してもらえるか、お役にたてるのか、それこそリッツカールトンホテルなみの、レクチャーを研修で学びます。

  私のモットーは
【悲しんでいたり、心が折れそうな誰かの心を支える文章】
それを保険のセールスレディの仕事にも当てはめると、【誰かを感動させるセールスレディ】を目指す。


 私の文章や私の仕事で
誰か幸せになってくれたら嬉しい。

 笑顔になってくれたら、嬉しい。

 私も、誰かの文章や声や作品で笑顔になるから。心を支えてもらったから、私も誰かの支えになれないかな?

 って。

おこがましいかな。

 私はココにいても、いいですか?
 居てもいいのかな?

 自分の居場所って、どこなんだろう。

 ずっと誰かを探してる気がする。その人に、いつか逢えたらいいな。

  きっと逢える。

 いつか。きっと。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。