きついと思ったら、あと5回頑張る

252回。

これは2020年、今年ブログを書いた数だ。


236回。

これは5月に若者と約束をし、

今日まで連続で書いたブログの数だ。


28回。

これは過去10年で一番ブログ書いた2011年の記録だ。

それを2020年は大幅に記録更新となった。


今年に入るまでは、

「2011年は28回もブログを書いたのか、よく書いたもんだ」

と素直に思っていた。


でも今「252回」が現れたせいで、

28回も10回も3回でさえも同じレベルに見えている。

先日ランニングマシンやオーディオブックの倍速の話をしたが、

それと同じで人生ってこういうもんなのかもしれん。


でかい数字に到達したら、それ以下がしょぼく見える。


しんどい時ほどあともう1歩、

と言わず3歩まで頑張ってみる。

するとしんどかったはずの3歩手前が、

不思議としょぼく見えてくる。

なんでそのレベルでしんどいと思ってたのだろうかと。


著者や大統領候補のスピーチライターで有名な

ダニエルピンクは言っていた。


「僕はあと5回頑張るルールを作っている」


どういうことかというと、

本を書いてるときに、

もうダメだ、

と思ったら自分にこう言うらしい。


「あと5ページだけ書こう」と


すると不思議と10ページ以上書けたりするんだそう。

これは本を書くだけでなく、あらゆる場面で使っているそうで、

人間は「新しいことを始める」ことには

かなりのハードルを感じるが、

「今やってることにプラスする」ことには

大きなハードルを感じない、

と言っていた。


確かに、

筋トレもあと5回と思ったら10回できちゃったり、

部屋の片付けもやり出したら止まらなくなったり、

あと「1回」をなんとかやれたら、

2回、3回、5回は楽勝で頑張れたって経験はよくある。


あと5回。


きつい、と思ったら、

あと5回プラスして見よう。


今年5月のtamaribaで僕は若者に約束した。

「じゃぁ俺は今年いっぱい毎日ブログ書くね」

と。


あと10回。

著者のDra gonさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。