私が推した人はバズる、1位になる、社長になる、CEOになる話

次話: 推しに恋していけ。推せば推すほどトップへ上り詰めてくれる。私には出来なくても推しがゲームのキャラクターのようにクリアするまで頑張ってくれる。推し愛は永遠の片想いに似ている話。

例外なく、私が推した人は

【1位】になった。
 【社長】になった。

 もはや私は【プロデュース能力】少しはある?!人を見る目がある?!(めちゃくちゃ大口叩く)

 私の助言を、応援を素直に聞いたひとたちは、例外なく、上昇気流にのって、階段を登る。

 【素直】なひと。

 【天の邪鬼】なひとは、私のプロデュースは、要らない。自己プロデュースするから、要らない。私はただ応援すればいい。見守ればいい。なので放置!!でも目をつけたら見守るよ。


 
 【天の邪鬼な人は自己プロデュース】して生きていく。

 
 いいのです。

 自己プロデュースだろうと
 私のプロデュースだろうと
 1位になれば!!それでいい!
圧倒的!圧倒的ことね!それで、いい。
  ことねしか勝たん!


 1位になりたい人は、前に出なさい。

続きのストーリーはこちら!

推しに恋していけ。推せば推すほどトップへ上り詰めてくれる。私には出来なくても推しがゲームのキャラクターのようにクリアするまで頑張ってくれる。推し愛は永遠の片想いに似ている話。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。