「デッド」と共に生きよう

締め切りの力がやばい。


ブログを連日で書くのも、

あと5日となると妙な緊張感が。。

そしてこの時期になると、

色々と振り返りをしたくなるのも不思議だ。

「締め切り」「終わり」「デッドライン」の

「力」は怠け者の人間には必要不可欠だな。


ということで、

2020年と言わず、

今日は2019年を振り返ってみた。


すると衝撃の文章を見つけてしまった。。。


僕は日記を2018年から

ほぼ毎日書いている。

といってもアイフォンのMemoに、

その日気づいたことがあれば、

気づいた時に適当に書くだけで、

1行の日もあれば10行を超える日もある。


これの便利なところは、

「思い出せる」ことだ。


例えば、最近なんか調子がいいとする。

するとその原因はなんだっだか調べる時に、

過去を振り返る。でもメモしてないと

大概僕らは忘れている。


「そういえば2ヶ月前から、起きる時間変えったけな。」

「3週間前から、野菜の食べる量を増やしたような。」


とか、覚えてるようで覚えていない、

2ヶ月前と思ってたら半年前だったりすることは

普通によくあることだ、


人間の細胞は1日に1兆生まれ変わると言われ、

全部で60兆個あるから、だいたい2ヶ月で別人になっている。

だから僕は変化があればこの2ヶ月間何を変えたかを調べている、


それが年末ということで、

スパンを拡大し2019年に踏み込んでみたのだが、

衝撃的な事実があった。


今週、

「すごい発見をした!」

と日記に書いたのだが、

なんと2019年の同じ時期に、

「すごい発見をした!」

と全く同じ内容で書いていたのだ。


やばい、成長してない。。


しかし、僕は思った。

日記をつけてなかったら、

自分が忘れてたことにも気づかなかったな!と

と考えると、

成長してない、ときづいたことが、

めちゃめちゃの成長だ。


そして来年の2021年の12月こそは

「成長してない、ときづいたことが、めちゃめちゃの成長だな」

と同じことを書かないようにしたい!


週の終わり、

月の終わり、

年の終わり、

に振り返る。

そのために毎日日記を書く。

1行でもいいから書く。


PDCAは日常でこそ効果がある、

回せば回すほど反省点からの改善、その先の成長がある。

そのために、365日、52週間、24時間、

という便利な数字を利用して「デッド」を引く。

怠け者の自分を「デッド」で動かす。


「忘年会」:1年の苦労を忘れるために行う宴会のこと


来年は絶対忘れねーぞ。


「デッド」と共に生きよう。

著者のDra gonさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。