飽きられたら、終了。常に私に関心を持ってもらい指名してもらえる。選んでもらい続ける書き手になる話。

NHKで年末、

プロフェッショナルで田中みな実の特集をしていた。

  【飽きられたら、終了】その田中みな実の冒頭のメッセージと言葉は、私を番組の最後まで釘付けにした。

  私もそう。
 【書き手として飽きられたら、終了】です。

 惹き付ける文章を書けなくなったら書き手として終了です。

  一般人として、母親として
 誰かに必要とされるでしょう。友達、恋人、家族、子ども。

  だけど【書き手や芸能人、プロフェッショナル】になったとき

  【飽きられたら、終了】です。

 そうならないように
  【工夫して継続していく】のです。ファンのために、配信者ならリスナーのために。

 ある程度、人気が確立したら
 【俺についてきてくれ】が通用します。何してもワガママいっても、ついてきます。

  その人気を確立するまでは
【ついてきてくれるファンやリスナーの気持ちを蔑ろにしてはダメ】です。

  その人たちがいるから
 【今の自分がいます】

 【1人では成り立たない】

 特に、私にもツイートして、心配してDMしてくれるリスナーさんやファンがいます。

  企画などの業務連絡しか返信しないと表記していても、人間なので、心配になればDMしてくれます。

 そういうDMは、とても嬉しいです。
  地震が起きた時は、私の推しさんたちは、リスナーを心配しているツイートをあげてくれて、リプして現況を確認してくれました。

 個々にDMすることは、芸能人や、人気配信者さんは、出来ません。誰か1人をエコヒイキしてしまうと、ファン内部の紛争になるひともいます。

  私も特定のリスナーやファンだけを可愛がることに、気をつけています。

  母親になって、私の言動、ひとつで兄弟喧嘩が起きたり、仲良くなるか決まるからです。

  「僕のまぁま(3歳児)」
「僕のおかあさん(7歳児)」


 私の匙加減ひとつで。
 自分のリスナー、ファンが
【まとまって一致団結】するかどうか決まるといっても過言じゃない。


 私のファン同士で揉めないようにする。

そして、私はこれをみている貴方に
【選ばれ続けます】
 書き手としてずっと。死ぬまで、ね。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。