赤の女王

昨年末に娘が二人目を出産した。


女の子なので、翠(すい)と名付けた。


もちろん娘夫婦が二人で考え、

待ちに待った出産。


私、土屋の母がお節介にも

その字画が大凶だから

名前を変えなさい!!と意見してきたのだ。


土屋は、昔確かに字画や方位学等に

ハマった事がある。


しかし長年の経験から、

「自分の人生は、自分で作り上げる」

ものなんだと確信した。


出産間近の娘や旦那さんに

その事は言わずに

全く気にかけずにいた。


その、土屋が言わなかった事にも

母は激怒し、出産前から

土屋の息子夫婦や

土屋の弟まで巻き込んで

大騒動となった。


母は、前にも書いたが

土田御膳並みに支配欲が強い。

と、金銭欲の塊。

同性に対しての僻みや嫉妬心は、

人格障害と言っても過言ではない。


不思議の国のアリスに出てくる

赤の女王だったのではないか?

とまで感じる。


なので、男前には

ころっと態度も変わる。



土屋の娘に、名前を変えなさいと

脅迫までしてきたので、

土屋の娘は

二人で決めた事だから

この名前でいくと断言。


怒り奮闘の母が放った言葉が凄かった。


「私は、以前の勤め先でも

若い男性達に子供が出来たら

全部名前を考えてやったのよ!

どの男性も私を有り難がって

生まれた子は皆幸せなの!

私の言う事に間違いはないんだからっ!」


‥ドン引きやで‥( ・∇・)


そんなこんなで正月5日は、

母の誕生日だったので

ごめんねーと、あっさり孫を連れて

会いに行ったのだが、

怒りは収まらず。


仕事も辞めたから

孫に小遣いも少なくしか渡せないと

言ってきたので

「今、ひ孫が一番可愛い時期やから

会わせてあげたいと思って連れてきたんやで。

お金じゃなく、気持ちを大事にしたいだけやで。」

と伝えたら、これまた

返事が凄かった‥


「気持ちだって?

お前は、

私やお父さんから散々

金をむしり取ってきておいて

何クソ生意気な事言ってんだっ!


今までむしり取ってきた金、

耳揃えて全部返してから言えや!」


と。唖然とした。


常に怒ってるか笑ってるかで、

中間の無い人格。


土屋は、我が弟と話すが、

私達よく生きてこれたね‥

と互いにアイコンタクト。




人間が暴言を吐く内容は、

今現在自分が突かれたく無い現実を

吐き出す。


他人を責める事で

自分を守っているのだ。


母は、

お金も無いし、

皆から慕われてない。

という事を

自分で暴露しているのだ。


赤の女王ょ、がんばれ!

著者のTakae Tuchiyaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。