ひかねぇの愛称。Spoon次世代配信者のひとり、ひかる。

前話: 1匹狼かっこいい。対極に王者ライオンがいる。どっちもかっこいい。要は1人だろうとリア充だろうと信頼で繋がるネットワーク(友達かファン)があるかどうかな話
次話: ファイナンシャルプランナー3級。コスプレイヤー、サークルの聖地、幕張メッセの国際展示場 ビックサイトは、コスプレイヤー、ヲタクの聖地。聖地に10年ぶりに凱旋。試験会場として訪れた話

  Spoonをダウンロードして

【Spoon  ひかる】と検索すると
艶かしい表情のショートヘアのアイコンのおねぇに辿り着く。
  Storysの記事にある【はち壇】のツイートによく登場し、【匙の宴】で
【古参老害】のカテゴリーで出場し
【この名前何?!】と叫んでいたなぁという印象の次の瞬間に
【そうか!むしろ振り切っていいのか!】といって自分の魅力で突き抜けるし吹っきる!それこそ気持ちがいいくらいに突き抜ける。

 疾風だ。
 閃光だ。
 稲光だ。

 目を凝らす暇などない。
凝視していないと見逃してしまいそうになる。

 ゲイで男性に優しくします!というセリフで、私は枠に行ったら女だから嫌がるのでは、とずっと思っていた。
  私の推しに【ブッサイクなキツネ】さんがいて、企画を一緒にしたときも、はち壇さんのときも、聴きに行こうとしたけど
  迷惑じゃないのか、と相手の気持ちがどうかわからず、踏みとどまってしまう。

 人見知りもあるので
知ってるリスナーがいるかもわからない。

 彼女からフォローされました、が最初に飛び込んできた。
え?!

 え?!ぇぇぇぇぇぇ?!?!
 私、なにか失礼なことをしてしまったのでは?!と頭を走馬灯のように思いをめぐらして。
  思い当たるならはち壇さんのツイート、と見に行けば
私の記事が褒められていた。

このStorysの【はち壇】の記事を、『これは嬉しかったでしょう?私も自分の事のように嬉しかったわ』と。

  褒められていた・・・画面をみながら、口元を右手で抑える。
 どうしよう・・・嬉しい・・・嬉しいよ!!
 伝わった・・・私の文章が、相手の心に伝わった、と実感して、嬉しくて、動悸が止まらない。手が脚が震えてくる。

 それも、私が鳥肌をたてながら聴いていた企画の【匙の宴】の優勝者。
 【ひかる】さんこと
【ひかねぇ】だ。

 配信へ行くと約束して、FP3級試験の前々日の夜、ステルスして聴いてみるが、テンションに度肝抜かれてしまい、
【せ、せーえのぉ!】と手を振り上げるが押せない。
  ど、どうしよう・・・バンジージャンプをするみたい。清水の舞台から飛び降りるようだ。

 試験もあるし、その日は寝てしまう。

 翌朝、起きて、毎日のルーティンでTwitterのDMを確認して、DMを返そうとしたら、またひかねぇの配信に気づいてしまう。

 ど、どうしよう・・・推しとの約束は、私は死ぬまで破れない。ハリーポッターのスネイプの使う魔法【破れない誓い】のように。

  少し、聴くだけ。

 そこに【太宰治の朗読枠】をしているのだが
 落ち着いた声で、しっとりと、かつ、情景が思い浮かぶような。
  昨日のパーティーナイトのような、騒がしい感じは何処へ消えたのか。
 
 え?!この人?私、間違えて・・・

  はい。枠に落ちる。

 入ってしまう。
 【ことねぇさん?!ステルスしていたの?ねぇ?入らないとわからないのよ?こっちは受け入れる体勢を整えているのに。入って潜りなさい。そういう時は】

 これ1文じゃなく、分けて発言していたけど、その声色が。


 【優しくて】
 涙が出そうになる。
 私は、何処にいっても、【仲間外れ】を経験してきた。臆病で
 自分から声を掛けられず。
 好きなことばかり語りすぎるのも良くなくて。

 【文章しか取り柄がない】から。

どうやって【入れて】と仲間に入れてと言えなくて。

 なのに【受け入れる体勢を整えて】と聴こえたときに、仲間に入れてくれるのか、ということに、泣きそうだった。

 ずっと仲間に入れてもらいたくて、推しさんと話してみたくて、記事を書いてきた。これしか、私には出来ないから。

 ありがとうございます。

 Spoonは、温かいところです。一時荒れて出会い厨のような場所にもなったかもしれない。
  出会いがあってもいい、仲良くなったり付き合ったり結婚したり。きちんと形になっていけば。

  ひかねぇは、朝まで【六枠】をして、最後は機械のスイッチが切れたように、身体の電源がおちたのか、【気絶】して眠りについた。

  ひかねぇファンも優しくて、思いやりに溢れていた。シモカテだろうと、オモカテだろうと、どんなカテゴリーだろうと。
  ひかねぇは【差別】しないで受け入れていく。ルールを守れないときっと叱ってくれる。

 ファンを楽しませることに全力で走り抜く。それは時にぶっ飛んでいて、強烈なキャラクターだろう。

 いつか日本中が
おすぎとピーコ、IKKO、あとは
【ひかねぇ】よね!って
 全国に名前が轟く。
きっと。きっと!みんな知って欲しい
Spoon【検索  ひかる】
Twitterにもいる。そして彼女のお店にもコロナが落ち着いたら足を運んで欲しい。
  

続きのストーリーはこちら!

ファイナンシャルプランナー3級。コスプレイヤー、サークルの聖地、幕張メッセの国際展示場 ビックサイトは、コスプレイヤー、ヲタクの聖地。聖地に10年ぶりに凱旋。試験会場として訪れた話

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。