ファイナンシャルプランナー3級。コスプレイヤー、サークルの聖地、幕張メッセの国際展示場 ビックサイトは、コスプレイヤー、ヲタクの聖地。聖地に10年ぶりに凱旋。試験会場として訪れた話

前話: ひかねぇの愛称。Spoon次世代配信者のひとり、ひかる。
次話: 命の無駄遣いとは。山崎理恵著書のことば。【合わない人といる時間】

  コスプレイヤーって、昔は地味で。

クオリティも低くて、ただ衣装着て自己満足していればいい。酷いコスプレイヤーも沢山いて、【仮装】になっていた人たちも。

 それがここ数年で
【コスプレイヤー】は、芸能人に負けず劣らずの【人気】を勝ち抜いてきた。

 世は【ヲタクの時代】である。

 もう、言い切る。成功者は【ヲタクの心を鷲掴みに出来れば。ヲタクのファンを勝ち得たら勝てる】ということ。

 ヲタクは、【リア充】より【お金持ってる】
 貯めて使う。
 【推し愛】のために。

異常かもしれないけど、それがヲタクなのだから仕方ない。

 だから【ヲタクを気持ち悪いとは言わないで。思っててもいい、言わないで】欲しい。
 言わないでくれるだけで

ヲタクはきっと【推しに貢献】するよ。

27歳で、体力の限界と、若いコスプレイヤーについていけない自分がいて、幕引きをした。

 めちゃくちゃ寂しかった。ずっとコスプレイヤーでいれたらよかったけど
 コスプレは、拘るし、お金もかかる。
 両立出来る子もいるんだろうけど。

 私は結婚して自分の子供が欲しかったから、まず、子孫繁栄だよ。自分の遺伝子を引き継がせて、それからだよね?!と思った。本気で。

子供が落ち着いたら戻れるかな?と漠然と。いやその頃はもうしないか。熱も冷めちゃうかな。

 離れて戻れるくらい、熱意が変わらないかどうかも、離れてみないとわからない。

 それから私は1度もコスプレをしていないので
【体型も崩れる】

きっとコスプレイヤーでい続けたら、太ったらめちゃくちゃダイエットして戻していただろう。

 辞めたら別にいっかぁ!!ってなる。

ファイナンシャルプランナーの試験は、散々で自己採点したけど、5月リベンジ確定かな。

 まさか、ビックサイトへ
 国際展示場へ
コスプレじゃないけど戻ってきた。
【ただいま!】って言いそうになった。

懐かしすぎて。

 本当に必要な【縁】は、切れないものだ。それが場所でも人でも。

【続いていることこそ奇跡】

人の縁を大切に。
 そしてまた私は2月の損保ジャパンの試験へ向けて再スタートする。

続きのストーリーはこちら!

命の無駄遣いとは。山崎理恵著書のことば。【合わない人といる時間】

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。