自分がなにをしたいかわからない

僕はいったい何がしたいのだろうか...

そんな事を考えていた中学1年生の冬。


ふとした事をきっかけに僕の人生はガラリと変わった。


元々中学1年生の夏にフランスから単身帰国して、公立の中学に入り。

逆カルチャーショックを受け、心身ともにボロボロになりつつあった自分にとってたった1つの安らぎ。それは、オンラインゲームだった。


非常にまずい入口に立っていたと今では思う。

その当時はとりあえず、とりあえず没頭出来る事が欲しくて、パソコンを弄っては、ゲームを探していた。オンラインゲームの世界に入る前はGTA Vice Cityで憂さを晴らしていた。


オンラインゲームの世界にどっぷり浸かったのは。


メイプルストーリー


このゲームがきっかけとなった。

いやー、今日もレベル上げに専念だぜ!
ネット仲間
今夜も徹夜だぜ!
おう!いいとも!

といって、寝不足な日々が続いた。

もちろん、そんな生活が良い結果を招く事も無く、最悪な結果へと引き込まれて行く。


僕はいったい何がしたいのだろうか...


このクエスチョンはいつも抱いていた。それだけが唯一の救いだったと思う。

このゲームでレベルを上げて何をしたかったのだろうか。今思えばそれこそがクエスチョンだ。


課金も始め、徹夜も続き、学校の成績は落ちて、心身ともに窶れて、腐って行った。


そんなある日とある出会いが俺を変える。


その出会いとは...

著者の中西 英介さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。