ジジイの英語から「京大英作文」への道(14)

ジジイの英語から「京大英作文」への道(14)


 塾では学校より1か月早く「新学期」をむかえる。入学・卒業だけではなく塾の出入りが一番多い時期だ。1年間通ってみて成績が向上しないと

「この塾ではダメだ」

 とばかりに塾を移っていく子がいる。もちろん、逆パターンもあり別の塾で勉強していたけれど成績が上がらないから当塾に移ってみえる方もいる。中にはジプシーのごとく塾をさまよい続ける方もみえる。

 

 長く塾で指導をしていると分かることだけれど、ジプシータイプの生徒はモノになる子が少ない。それは、転職を繰り返す若者と似ている。いつまで経っても腰が落ち着かず

「この会社は自分に合わない」

 と、言い続ける。人生に成功する法則はないので、いろいろ試すのは良いことだと思う。しかし、塾がダメだ、学校がダメだ、会社がダメだ、と他人を責めるばかりの子はモノにならないことが多い。


 結婚でもバツイチまでならありうるだろうけど、バツ2、バツ3となると相手より本人の性格に問題がある場合が多い。自分を省みることなしに相手や周囲ばかりに責任転嫁を繰り返す人は幸福な人生を送れる確率は低いものなのだ。本文を記入してください

著者のキョウダイ セブンさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。