日本以外の競馬好きな国

日本は、競馬に深い魅力を持つ国のひとつとして知られています。日本にはいくつもの競馬場があり、競馬ファンにとっては天国のような国です。日本では様々な競馬イベントが開催されており、多くのファンがお気に入りの馬やジョッキーのために観戦したり、賭けたりすることを好むのは当然のことでしょう。


競馬は日本だけではなく、他の国々でも人気があります。世界中に腕のいい馬がたくさんいるという事実から、この馬術に魅了されている国がたくさんあることは驚きではありません。


競馬が古いスポーツであることを考えれば、日本以外にも競馬が好きな国がたくさんあることは不思議ではありません。そこで今回は、競馬が開催されるときに、どのような国が力を入れているのかをご紹介しましょう。


イギリス 

競馬好きな国のひとつ、イギリス。競馬は、スポーツの中で2番目に観客動員数が多いスポーツとして知られています。毎年、何百万人もの人々が競馬を観戦しています。


また、イギリスでは毎年いくつかのイベントやカップ戦が開催されていますが、その一つがイーストバークシャーで開催されるロイヤルアスコットです。このイベントは、エリザベス2世をはじめとする王室が参加することから、最も権威のある競馬として知られています。


アイルランド 

アイルランドは、イギリスと並んで競馬が盛んな国です。この国では、競馬が文化や社会の一部になっているため、人々は競馬をとても愛しています。


また、アイルランドは、国際レースで活躍する優秀なサラブレッドを生産・育成することでも知られています。


オーストラリア 

オーストラリアもまた、競馬への深い愛情を持つ国のひとつです。実際、国内では競馬イベントが非常に人気があります。オーストラリアは、日本、イギリスに次いで、世界で3番目に競馬賭博への参加率が高い国としても知られています。


また、オーストラリアでは、地元の人々に「国を止めるレース」と呼ばれているメルボルンカップが開催されています。このレースイベントは、3歳以上のサラブレッドを対象に、毎年11月に開催されています。


概要  

前述の国以外にも、競馬イベントが大好きな国はたくさんあります。アメリカ、フランス、ドバイなど、それぞれの国で特別なレースが行われている。


このように、日本以外の国でも、同じように競馬を愛している国があることは驚きではありません。競馬に夢中になっているのは日本だけかもしれないと思っていたら、そうではない国もあったということです。


著者のTakuya Hiyaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。