木からシリコーンまでのラブドールの歴史

人形にはおもしろい歴史がありますが、今ではおもちゃやと見なされていますが、宗教的な意味もあった時代がありました。 ミニチュアは木で作られており、わらと紐で作られた髪の毛で人物のように形作られ、ビーズは目と主に手縫いの服と手描きの体を作るために使用されました。 テクノロジーと広大な創造性の出現により、人間はラブドールの複数のバージョンを作成しました。ドールがおもちゃの地位を与えられたのはおよそ15世紀であり、それ以来、古い種類のシリコーンドールを振り返ることはありません。

おもちゃやおもちゃと見なされた史上初の商業的に実行可能な人形を紹介したことで、クレジットはドイツに送られます

S級美人ダッチワイフ

当時作られた人形は今日ほど洗練されていませんでした。それらのほとんどは木とワックスで作られ、人形の服は主にドイツの女性を表しています。人形の歴史は、粗雑な手作りの木製の人形から、バービー人形のような非常に洗練された洗練された人形まで、長い航海を続けてきました。

現在市場に出回っている多種多様な人形についての見通しを得るために、人気のある人形のいくつかの形態を調べてみましょう–

最も伝統的なセックス人形の形には、木やその他の素材で作られた手作りの人形が含まれます。おもしろいのは、おもちゃとしてだけでなく、大人の人形コレクターにも人気があることです。それらの多くも現在輸入されており、これらの人形の外観と特徴は国によって異なります。衣服、顔の特徴など、外観の伝統である特定の土地の文化のレプリカのように見えます。

広く求められている人形の中には、トイドールやプレイドールがあります。これらの人形の唯一の目的は遊びです。このタイプで製造された人形の種類は数え切れません。メーカーは、無毒の素材で慎重にこれらの人形を作成します。木製、プラスチック、衣服など、あらゆる種類の人形がこのカテゴリに分類されます。

たとえばバービー人形のように、ほとんど有名人の名声と地位を獲得したようなデザイナー人形があります。これらのタイプの人形は、ほとんどの場合、さまざまな好みや好みに合わせてさまざまなバージョンで作成されます。モデルのバービー人形、花嫁のバービー人形などを見るように、それらは有名な有名人または人気のあるアイコンや職業に基づいてモデル化されています。これらの人形は定期的に異なるバージョンが市場に導入されているため、バリエーション人形としても知られています。

シリコーンとビニールスキンなどの素材で作られた人形が本物の人形になっているのは、創造性と商業主義の両方の高さです。実際、それらを人体のミニチュアバージョンと安全に呼ぶことができます。アシュトンドレイク人形はそのような例の1つです。これらの人形は、人形を趣味として購入し、展示品として使用することを好む人形コレクターのために特別に作られています。

著者のYiyo Zhangさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。