視点を変えてみれば、最初から答えがわかる。

次話: 配信から落ちるときのコメント。【配信ありがとう】または、黙ってスーッと落ちる。

  ミステリー小説の基本。




犯人は冒頭から出ていて、犯人だと全く思われていない人物で、【騙されやすい】であろうな、と疑いもしない


 その人物が【真犯人】なんてことがサスペンスでは、日常茶飯事。


騙されているのは、君だよ。

ということが読み手はわからず、私も読みながら
大どんでん返しにビックリする。

 【視点】というのは
【思い込みでかわる】


マジックもそう。

近くに注意を惹き付けて
視界から外れたところでネタばらしされていても
死角で見えない。

 【人間の盲点をつく】のだ。


大好きなひとに、二股されて裏切られた恋愛をした私は
【信じすぎていて】疑うことを怠ったので、気づいた時は

遅くて

裏切るやつも悪いけど。

 だけど因果応報。

恩知らずなことをすれば、その人にも必ず痛い想いをするもので。   


 【天誅】がくだる。

天罰が、くだる。

 落雷が、くだる。

ああ、なんかくだるくんのことを思い出してしまって、何書いているかわからなくなってる私は神推し馬鹿なんだな・・・
  神推しと推しがいる。

いまは、それだけで、幸せです。
  

続きのストーリーはこちら!

配信から落ちるときのコメント。【配信ありがとう】または、黙ってスーッと落ちる。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。