うつ病を受け入れて人生好転。「今を生きる」

初めてのstorys.jp

何を書けばいいんだろう、、、
と思いながらも考えながら書いていきます。
私はうつ病でした。
今は38歳。
おかしくなったのは24歳位の時。
当時は「自分がまさか、、」と受けれてなかった。
でもおかしい。明らかにおかしい。
当時、仕事から帰って金曜夜20時にやっていたミュージックステーションをぼーっと見てた時。
superflyが「愛を込めて花束を」を歌っていた。
その歌詞を目で追い、気づいたら涙が溢れ止まらなかった
(よし、病院行こう)と決めた瞬間。
精神科へ行き先生とはなし、案の定診断結果は「うつ病」
抗うつ薬と安定剤を処方された、、、


俺に母ちゃんはいない。
父さんと住んだ記憶もない。
兄弟は姉が2人に腹違いの妹と弟。
俺だけじいちゃんとばあちゃんと暮らしていた。
姉と下2人は父が再婚相手と暮らし、俺だけがじいちゃんばあちゃんと。
上に姉2人とそんな環境なもんだから優しく素直に育ち、笑
所謂事情のある家庭。
神経質になり人の目を気にし、寂しさを出さないように振る舞っていた。
小さい頃、家で留守番をしてる時、部屋の隅で正座をしながら泣いているのを覚えてる。
小学、中学、高校をそれなりに過ごし、社会に出てから理不尽なパワハラを受けうつ病になった。
シナリオとして決まっていたかのように感じる。
それで良かったんだと今は思う。
だって「今の俺」はその過去がなければ存在しないから。
自分のことめちゃ好きだし。笑
アツい人間で、カッコよさを求めて、周りの目を気にして、情熱大陸に出たくて、惚れたら惚れ尽くして、甘えて傷ついて、たまにこの世界に冷めたり。
こんな面倒臭い自分が大好きだよ。笑
今この瞬間を本当の意味で「生きる」。
ただそれだけだ。



著者の龍之輔 登坂さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。