バイト先のウザい女

バイト先のウザい女。


あたしイケてるし!って勘違いしてる、あの女。


仕事現場での話。


現場で作業に入る時、

朝礼で聞いていた作業分別に関して、

「今朝の分別の話、今日から開始ですね?」と

現場職長に尋ねた。

「そう。今日から。」と返事。


すると勘違い女がしゃしゃり出てきて、

「あのね、お客さんの前で

社内事情聞いたらあかんねん!

お客さんに内容バレるやろ?」と、

「お客さん」の前で言ってきた。


唖然‥


アホらしくて

バカらしくて

カチンときて

なんじゃ?この女?

とこっちが腹立たしいわΣ(-᷅_-᷄)


お客様の前なので、

トーンを下げて「ハイハイ」と聞いておいた。


が、勘違い女は、

してやった!感満載で

ものすごぉーく横柄。

アホ丸出しやなと思った( ´ ▽ ` )


かなり頭に来た。

2日程頭から離れない腹立たしさだ。


聞いた内容は、確認であって、

別にバレて困る聞き方はしていない。


が、ちょっと冷静になろうと考えた。


そいつには腹が立ったけど、

頭に来る事程、

自分の影の投影だ。


私はまだまだ「言葉」に左右され易い。


その勘違い女は、

社内全員から嫌われている。

本人だけが嫌われている事を

知らないだけで、

全員からアホと思われているのだから

放っておきゃあいー訳で、

もしかしたら

その事が無ければ

私はもっと聞いてはいけない事を

お客様の前で聞いていたかもしれない。


そいつに腹を立てるのでは無く、

自分の感情の揺れに

注意しなければならなかったのだ。


腹を立ててる時点で

まだまだなんやなと思う。


誰にも愚痴らないようにしただけ

まだ成長したのかも。


って、ネット通して

喋ってしまってるけど‥笑笑


人間は愚かだねぇ‥クスクス

著者のTakae Tuchiyaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。