おばぁちゃん

年配のおばぁちゃんが

近所の人と話してた。


一人暮らし。

今日施設に入るらしい。

いや、息子に施設へ入れられる様だ。


しゃべる度に合ってない入れ歯が

出たり引っ込んだりしてる‥


夜中にトイレに起きて

転んだらしく、

一人暮らしだから

誰も起こしてくれないと。


夜中に転んだ状態で

「誰かぁ~!助けてくださぁ~ぃっ」と

朝方まで叫び続けた話を

近所のおばちゃん達に話していた。


聞いていたおばちゃん達も

ふむふむと深く頷く。


続いて出た言葉が

「あたしが一人暮らしって

近所の人も知ってんねんから、

叫び声聞こえてるやろうし、

ちょっと助けに来てくれやんとなぁ!」


夜中に部屋から叫んでも

近所の人も寝てるんやから

聞こえへんやろ。と、思う。


他人任せの人生だと気付いていない。


老いに身を任せて

一人暮らしになり、

施設に入れられるのか‥


半分ボケてるフリしてるけど、

耳が遠いって言うけど、

私には大事な事、

なんも言ってくれへんって言うけど、

しわくちゃの手の指にはちゃっかり

24Kの豪華な指輪が光っとったわ‥

( ˊ̱˂˃ˋ̱ )


著者のTakae Tuchiyaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。