元旦那の癌手術終わったし。

元旦那の癌手術が終わった。


息子から

「手術成功やて。

いらんトコ全部取り除いて、

大腸も繋がったし、膀胱の腫れも

治ったから袋もぶら下げんで

済んだで。」と聞き、


心底ホッとした。


頭で余計な心配はしない様に

分かっていても、

我が子への負担が

頭をよぎると

深層ではやはりキツかった。



結局、周りに迷惑をかけても

図々しい人間は、

何とかかんとか生きていく。


いらん心配で疲弊しても、

誰のせいでも無い。


まだ見ぬ未来に

勝手な想像で、

自分を痛めつける必要は無い。


どんなに傷ついたとしても

生きている限り

決して私の意識は無くならないのだ。



「物や武器で傷付くが、

言葉では傷付かないよ」と

言い切れる自分でありたい。

著者のTakae Tuchiyaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。