貴方は、周りに好かれてる?嫌われてる?

仕事先のウザい女が、

他のスタッフの失敗を上司にチクって、

当然だが失敗したスタッフは

翌朝上司にしぼられてた。


これ又当然だが、

ウザい女と精神年齢が似通っている

しぼられたスタッフは、

自分の失敗より、

チクッたウザい女を恨む。


上司に怒られた事を

「あの女、

人の粗探しばっかしやがって!

何様やねんっ💢」と、

反省はしない。


その日ウザい女は、

ちゃっかり仕事を休んで

家でくつろいでいた様だ。


怒り奮闘のチクられたスタッフは、

翌朝からウザい女に

チクチクと攻撃に入った。


周りの雰囲気も悪い。


ウザい女は、自分の立場が

嫌われモードに入っている事に

何となく気付いている。


冷静にこの人間模様を見ていて、


「あぁ私も昔からこんな感じで

周りに嫌われ、陰口たたかれ、

でも表面上は皆冷ややかに

当たり障りなく付き合って

くれてたんだな」と、恥ずかしくなった。


過去の自分を見ているのだ。


ウザい女は、

皆が仕方なく相手をしてくれているのに、

まだ他人批判な発言をしている。


「さっきのさぁ~

○○の電話対応ってぇ~、

要領得てないよねぇ~えへへへぇ」

と、こいつも反省は無いし、

しつこい。


ガン無視しながら、

「‥私もこんなんやったゎ‥

だから皆から嫌われてたんやな‥」



益々自分の悲惨さを実感する。


私は気付いた。


確かにウザい女は、よろしく無い。


だが、見ていて

今この子にどんな事を言っても

ドン底に突き落とされない限り、

自分から改善しようとは

思わないだろう。


私がそうだったからだ。


自己保身の為に他人批判し、

自分を守ろうとしていた。


何故か?


常に自分を誤魔化して

生きていたからだ。


人と分かち合ったり、

相手の立場に立って考える事が

全く出来なかったし、

自分が悪者になったとしても

別にいいじゃんと

思えなかった。

自分勝手で、わがまま。

その癖、自分の本音を

誤魔化していたから

誰からも嫌われていたんだなぁ。


今日もウザい女は、

ウザさ満載で自分勝手に

仕事をしている。


生きている間に

気付かなければ

生まれてきた意味が無い。


本当の意味で気付くのは、

その人のタイミングがある。


だから暖かく見守っていよう。

著者のTakae Tuchiyaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。