ツイン。ソウルメイト。

前話: 仲直りしたリスナー。
次話: アンジャッシュの勘違いコント。同じことばでも相手によって受け取り方の違い

  私は友達でも


恋人でも

 推しでも

リスナーでも

【縁があればまた繋がる】と信じています。


 喧嘩して離れるときもある
震災で離れたこともある

  絶交して7年間音信不通の友人とも

私は仲直りした経験があります。

  【相手が変わったら】受け入れる。


 縁がなければ
絡むこともなくなるかもしれない。
  でもね

私は心で繋がっていると信じてるんだ
馬鹿みたいに。

 本気で。【絆】も

縁も
あるとおもう
  ツインソウルも
ツインレイも
ソウルメイトもあるようにね。

続きのストーリーはこちら!

アンジャッシュの勘違いコント。同じことばでも相手によって受け取り方の違い

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。