不倫?本気?私は何? story19

前話: 思い出は恐怖でしかない story18
次話: 壊れた涙・・story20

5月17

 

LINE・・

mのLINEがまだある

繋がっている

解約していないのだろうか・・・

ずっと送り続けてある日いきない未読から既読になったmのLINE

携帯をまだ解約していないのだろうか・・

何もできないまま日にちだけが過ぎていく

私とmのLINEのやり取りを何回も見直している

最近はうまくいってなかったな・・

LINEの中でもケンカをしている

ケンカをしたくないと言いながら私たちはケンカをしていた

今年に入ってからケンカが増えていた気がする

きっと私が不審を抱き始めてきていたからなんだろう

mの行動がいつも怪しかった

1度こんなことがあった

 

「今度の休み俺に時間をくれない?」

「いいけど・・何があるの?」

「家族で厚木にお墓参りにいくんだよね・・それと俺のPCを親父にあげるから俺は新しいのかってそれのセットとか入れ替えとかしたいし・・」

「・・・そうなんだ、分かった」

でも何だか嫌な予感でしかなかった

私の予感は当たるから・・

mが帰宅する時間にmの家に行ってみた

お父さんと車に荷物を積んでいる・・バタバタと・・

私は明日の用意をして積んでいるんだろうか・・と見ていた

mが一人で車に乗り発進した

「え?なんで1人?」

やっぱり・・嘘なんだ・・と思いmにLINEをした

「今何してるの?」

「親父と話してる・・」

はい?

嘘をついている

「そーなんだ」

少し時間をおいてまた私から

「まだ話してるの?」

「ごはん買うのに車で出た・・コロナだからどこもやってないかな・・TAKE OUTしようかな」って

「電話していい?」って聞いたらいいよって・・電話をかけた

 

「見つかった?ごはん」

「やっぱりどこもやってないね、コンビニかな」

「そうだよね、今どこ?」
「国道をひたすら走ってる、どこもやってないからそろそろ家に戻ろうかな・・」

「そっか、じゃついたら連絡して」

「わかった」

 

そうか、」明日の用意をして先に荷物積んでご飯を買いに行ったのか・・

半信半疑だった・・でも戻ってくると信じたかった

mの車庫の見えるところで帰宅を確認したくて見ていた

何でこんな事しているんだろう・・私・・

こんな事したくないのに・・

でもこれで本当に戻ってきたらこれからmを信じていこうって決めてていた

疑う気持ちをなくしたかったから・・・

mからLINE・・・

「帰宅した」

いや・・戻っていない

mの車は車庫には戻っていない

もう限界だった

「いや、戻ってないよね どこに行ってしまったの?」

「戻っているよ!!なんで疑うの?」

「mの家の車庫の近くに私来てるよ 見えてる mの部屋に電気ついてないけど?」

「うそはやめて!帰ってきてるから もう寝る!」

それっきり連絡が途絶えた・・

寝れなかった

つらくて・・

朝方mから電話が来た

「ごめん・・本当にごめん・・1人でスキーに来た・・言えなかったんだ本当にごめん」

「わかった、怪我したら困るからとにかく楽しんできて、一回このことは忘れて楽しんできて・・戻ったら話そう」

「わかった・・本当にごめん」

mは泣いていた

これも本当は奥さんと連れ子と行っていた・・

 

こんな事を思い出してばかり・・・

私はmにとって・・何だったのだろうか

不倫?本気?

わからない・・

続きのストーリーはこちら!

壊れた涙・・story20

著者のRie Akiyamaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。