スペック・ハイ(結)

スペック・ハイ(結)


(場面1)

 戦闘機が飛び回る音。戦車の動く音。

 1945年、8月の中学校。

(教師) 「いいか。アメリカ軍の兵士は畜生以下だ。みんなでやっつけるんだぞ」

(生徒)「はい。鬼畜米英!アメリカ人は鬼だ、畜生だ!」

 原爆の爆発音。天皇陛下の玉音放送(ぎょくおんほうそう)。

1945年、9月の中学校。

(教師)「いいか。日本は戦争で間違いを犯したんだ。アメリカの指導のもとで日本は生まれ変わるんだ」

(生徒)「でも、先生、先月までアメリカの兵隊さんは鬼だって言っていたのに」

(教師)「いや。これからはアメリカの生き方を模範として日本人は生まれ変わるんだ」

(生徒)「・・・。先生は裏切り者だ」

(教師)「え?」


(場面2)

(高木)「桜さんは教育学部をめざしているんですよね?」

(桜 )「はい。先生と同じです」

(高木)「卒業後のことは考えているの?」

(桜 )「教師にだけはなりたくない。やっぱり、先生のような塾講師か予備校の講師かな」

(高木)「どうして教師はダメなの?」

(桜 )「あの人たち偽善者だと思います」

(高木)「どういうこと?」

(桜 )「だって、受験って蹴落としあいの椅子取りゲームじゃないですか」

(高木)「まぁ、そうだね」

(桜 )「ワンチームとか絆とか戦前の精神論は若者には通じません」

(高木)「じゃ、桜さんはどうするの?」

(桜 )「ありのままの現実を教える先生になりたい。そうしないと世界の中で生き残れないじゃないですか」

(高木)「そのとおりだけど、桜さんのように有能な女子だと男子が怖くて近寄れないかもね((笑)」


(場面3)

 暴走族のバイクの爆音が聞こえる。中学校の校庭に乗り込んでくる。

(教師)「コラぁ!おまえ、何をやっている!」

(ゾク)「ハハハ、捕まえてみろよぉ」

 バイクは爆音を轟かせて校外に去ってゆく。

 教室内では授業中。

(生徒)「おい、班長。オレを分からせてみろよ」

(女子)「あなたに二次関数は理解できないわ。っていうか、ヤル気ない人には何も理解できない」

(生徒)「なんだと!お前は班長なんだからオレを分からせるのが仕事だろうがぁ」


(場面4)

 女子生徒は授業後に職員室に向かう。

(女子)「先生、先生はヤクザのような反社会勢力とつながりがありませんよね」

(教師)「いきなりなんだ?あるわけないだろう」

(女子)「じゃ、どうして授業で私たちにだけヤクザのような生徒を助けるように強制するんですか?」

(教師)「そ、それはだな。クラスの一致団結というか絆というか・・」

(女子)「分かりました。では、私は来週から登校しません」

(教師)「え?」

(女子)「先生は校内にバイクで乗り込んできた人があの子の兄だってご存知ですよね?父親がヤクザってことも」

(教師)「う、まぁ、そうだな」

(女子)「私は卒業に必要な出席日数をクリアしているはずです。では、失礼します」

(教師)「ち、ちょっと待て」

(女子)「私、名古屋の南山女子を受けるんです。時間を無駄にしている余裕がないんです」


 教師の内なる声

『学校の方針に反対したヤツが合格してしまったら学校の面目丸つぶれじゃないか。落ちろ、お・ち・ろー』

 1か月後の合格発表。

(女子)「あった!やったー、これであの子たちとオサラバできる!」


(場面5)

 アメリカのユタ州、ローガン中学校の前に立つ桜。

(桜 )「ここが高木先生の教えていたローガン中学校か。私も頑張ろう!」

(教師)「ヘーイ、サクラ、もう始まる時間だよ」

(桜 )「はーい、今いきます!」


  すくなくとも一度は人に笑われるようなアイディアでなければ、独創的な発想とは言えない。

                                        =ビル・ゲイツ=


 終わり

著者のキョウダイ セブンさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。