ルールを守る

自転車の前に孫を乗せて、


近くの公園に行く途中、


小道の信号を無視して行った。


すると信号通りに横から進んできた


年配の女性が、私に向かって


「危ないやろっ!」と


言い放って行ってしまった。



一瞬カチンときた私は、


その年配女性に怒りを感じた。



しかし、よく考えたら、


ルールを守らない自分が悪い。



「このくらいいーか!」は、


周りにかなり迷惑なんだなと感じた。



自分は良くても、周りは


言わないだけでかなり迷惑している事が


たくさんあるんだと思う。



大人は、このくらいいーか!と、


自分のわがままを通すくせに


子供には口うるさく


ちゃんとルールを守りなさいなんて


理不尽な事を言うから


余計に言う事を聞かないんだなぁと思う。




人間ってわがままな生き物だよなぁ‥

著者のTakae Tuchiyaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。