鈍感力と気づく力と。馬鹿につける薬なし。自分が傷つきすぎるときは距離が近すぎるだけ。

前話: 優しく闇に呑まれず。諸行無常

   私の尊敬する

村会議員もした祖父。
寺院は無料で ボランティアをして、
重機を使い無償で直す
年賀状平積みにしたら【1メートル】きていた【人格者で人望の厚い祖父】が言っていました。

  『馬鹿につける薬なし。ほっときなさい。馬鹿に構う暇なし。自分から馬鹿に構うのは、自分が悪い』と。

  おじいちゃん・・・

私、【馬鹿】だから

【ほっときなさい】を忘れていました。

 構う人は【手のひらで転がせる人のみ】なので

  私のような【馬鹿】では。ダメですね


 おじいちゃんは
私の【太陽】です。
死した、いまも尚。

 『ことねぇ、じいちゃんが護ってやるからな。なんにも心配すんな、ずっとずっと護ってやる。死んだら天国から見守ってやる。だから、泣くな』


  おじいちゃん、が

ずっと護ってくれている。

  おじいちゃんが悲しむようなことは、私やらない。犯罪もしない。

 大好きなおじいちゃん。
 孫のために
働き詰めで

  最後は【転落死】していたけど 
Storysの最初の頃に書いてあるけど

 【弱者にも女子どもにもとても優しかった】おじいちゃん。

  【弱者と女子にも横柄な態度をとる人はクズ】だと、私は思う。


 それが【本性】だと思う。

 最後は【人柄】だと思う。

  【人間性】

  中身、大切。

 外見や経済力も大切だけど

歳を重ね、しわくちゃになっても
 おじいちゃんを慕う人は
【居なくならなかった】

それが、【真理】で
【答え】だったね

【私の引力】で人を集めよう

【自力本願】


#諸行無常
#自力本願
#人望
#人柄
#人間性
#馬鹿につける薬なし
#放っておく

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。