平塚のメンズエステへ行ってみた。

緊急事態宣言も解除されたので、ずっと我慢していたメンズエステへ行ってみました。コロナ前は週に一度は行っていたメンズエステですが、コロナになってからは月に1回行けばいい方でした。私も体があまり強くないので、万が一コロナにかかってしまったら命に係わると思ったからです。そんなコロナ過でも友人はメンズエステへ行きまくっていました。そんな友人から平塚に凄いメンズエステがオープンしたとの情報が入ってきました。平塚と聞いて正直遠いしめんどくさいなと思ったのですが、たまには足を延ばしてみるのも気分転換になるしいいかと思い、意を決して平塚へ向かったのです。平塚のメンズエステはオープンしたばかりという事でしたが、噂以上のお店でした。

このお店なんですけど、正直言って今までのメンズエステとはレベルが違い過ぎました。もう何でもありと言ったら良いのでしょうか?メンズエステというサービスを超えてしまっているのは間違いないでしょう。さらにセラピストが超絶美人だったのです。このお店に在籍しているセラピストは異常な程レベルが高いです。平塚にどうやってこれほどの美女たちを集めたのか不思議でした。都内でも会う事のできないような美人セラピストが私の鼠蹊部を責めてくるのですが、それだけでは終わらなかったのです。このお店には続きがありました。それは口が本当に上手で口だけでもう気持ちよくなってしまいました。このままではマズイと我慢していると・・・もう完全に入っているではありませんか。これはもうメンズエステとは言えないでしょう。でもこんな美人なセラピストと、通常の料金で本当に夢かと思いました。そんな美人なセラピストに私は思いを寄せてしまったのです。ここまでの関係になったのですが、私が勘違いしてもしかたありません。でもこのお店ではこのサービスが普通でどんなお客さんに対しても同じのようです。でも私の気持ちは動いてしまったのです。正直言って平塚は遠いです。それでも私の気持ちに変わりはありません。何時間かけでも通うつもりです。この気持ちに正直に生きていきたいと思いました。こんな恋っておかしいでしょうか?でも自分の気持ちに嘘をつきながら生きるほど辛いことはありません。これがだめでも仕方がないと思っています。とにかく今は出来る事をやるだけです。私は諦めません、あきらめたくはありません。どうかこの思いが叶いますように・・・

著者の油谷 圭一さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。