究極のグランドファザーコンプレックス ー亡き祖父へ異常愛の孫娘の話ー

前話: 結果が出ない時はやり方をかえるのが最短ルート。
次話: 紹介手数料を渋る院長先生は、必ずあとで給与のことで揉める方程式。

  マザコン、マザーコンプレックスの

人をとやかく言う私だけど



 私も人のこと決して言えない。
私はファザコン、ならぬファザーコンプレックスじゃなくて
グランドファザーコンプレックス。
祖父への異常愛者だからだ。




 生まれた時、ひよこがみた最初のものを親とみなすように
私がみたのは、母親じゃなく 
【祖父】だったんじゃないだろうか、と思うくらいに

 私の写真のアルバムどこもかしこも
祖父がいる。
  【植木等】のようなクシャクシャの笑顔で
180cmの高身長に、普段着は和装。
 和装をして隙を見ては【尺八】を奏でる。
現代の人じゃないような空気感を纏う人だった。



まるで侍のような人だった。

 小学校しか出てなくても、【人を大切】にし、【人たらし】で
みんなおじいちゃんに惚れてしまう。

 【おばあちゃんとお見合い結婚】していて、おばあちゃんより私を連れて旅行にも温泉にもいく。
  私は狩りにお供にいくドーベルマンのように、どこにいくときも【お供】をした。

 おかげで【同級生とほぼ絡まず】
15歳を迎えるまで
【同級生とどうコミュニケーションとるのか】あまりしろうとせずに

【学校なんて成績さえ良ければ友達作りが出来てなくても、祖父と旅行にいくから学校休みがちでも何も言われない】


【やることをしっかりやっていればプライベート何していても誰も何も言わない】

それだけ学んでしまい、両親から言われた【成績をkeep】し、両親が望むように【一生使える資格】をとるべく、専門へ進み、【国家資格】もとる。

【恋愛】にいたっては

【高身長・自営業社長・地方の村会議員・人格者】の【祖父】が
【理想の男】になってしまって、そういう人間は、早々いない、ということを知った時は

  【神に仕えるシスター】
【仏に仕える尼さん】のような
いまの私になっていた。

根底に【祖父の異常愛】がある。
総大将に仕える家臣のようだ。





  その根底の【思考】を変えることも努力したけど


【育児こそ洗脳】に近い。
学んだこと、というのは、【親】となる人の【哲学・教え】を守ろうとしてしまう。

 特に私のような【バカ真面目】だと
【素直】すぎたんだと思う

【メンター】【師匠】 
【恋人】など
 自身が好きになったひとの【教え・哲学】の影響もろに受けてしまう。





 【良い人】と交流し、【その人が好き】ならいいのだけど
【関わる人】を【厳選】するしかない。




 【仕事】と【プライベート】と
【趣味】

【私の気持ちを大事にしてくれる人に厳選して】これからは、関わり続ける。


私は、私を、大事にする。
そして私を好きになってくれる読者やリスナーフォロワーさんにも
【お願い】
【貴方自身を大切に】してね。
心から【貴方の幸せを願い】ます。




#グランドファザーコンプレックス
#亡き祖父への異常愛
#祖父の話はStorysの最初のほうに書いてあります

続きのストーリーはこちら!

紹介手数料を渋る院長先生は、必ずあとで給与のことで揉める方程式。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。