すみません、私は精神的に病気です「第一章」

あなたにとって、最も「幸せな」思い出はいつですか?

    一番幸せな思い出は、小学校1年生になる前のことでした。
子供の頃、ピアノを弾くのが上手な叔母さんと、毎日聖典を読むように教えてくれたおじいさんがとても好きでした。その思い出は私の一番幸せな時間と言えます。

    「さつき!一緒に聖典を読んでください」

    おじいちゃんはいつも私に話しかけると愛想のいい表情を見せてくれました。

    おじいちゃんの腕の中で、それはとても暖かかった。

    「さつき、一緒にデパートに行こう!」

    ピアノの先生である叔母は、暇なときはいつも私を連れて行くのが好きです。

    「おばさんはピアノを弾くのが上手なので、すごい!」

    "ありがとうございました..."

    叔母のピアノを聞くたびに、とても嬉しかったです。
でも…だんだんと、家の雰囲気がおかしいことがあるのに気づきました…

    おばあちゃんと叔母はよく喧嘩した。
どうして?私は若くて理解できませんでした。結局、叔母は二度と微笑むことはなかった。
私の叔母に会う時間はますます少なくなっています。私が幼稚園にいたとき、叔母はよく入院していました...
     初めは、家庭の調和のとれた雰囲気がゆっくりと変化しているようです。
私は若い頃、おばあちゃんにとても愛着を持っていました。おばあちゃんが私を幼稚園に連れて行きたいと思うたびに、私は泣いて幼稚園のドアで彼女を抱きしめました。
父と母は仕事でとても忙しかったのを覚えています。だからおばあちゃんが私の主な介護者です...時々私の母は私に近づこうとします、しかし何らかの理由で...私は真面目な母親が好きではないことがわかります。私は私の父が好きです、彼はいつも私と遊ぶのが好きです。
毎朝目が覚めると、おじいちゃんが居間に座って朝食を食べているのが見えました。いつものように、これは普通の光景です。

    「おはようございます!さつき!」
     おじいちゃんが笑顔で迎えてくれてとても嬉しいです。
その後、小学校1年生への進学に成功しました。

    しかし...叔母とおじいちゃんの思い出はますます混乱しています。

    入院が多いおばさんと、毎日遅くまで働いて帰宅するおじいさん。

    ですから、家でそれらを見る機会はますます少なくなっています。
その時、学校が終わるたびに、母の部屋に戻って宿題をしていました。小学1年生ですが、漠然とプレッシャーを感じています...

    最初は放課後すぐに家に帰れず塾に行かなくてはいけないことを知り、母にうんざりしていました…。

    私はいつも内向的で自分を表現するのがとても苦手だと感じてきました。幼稚園の時、授業で何度も泣いたのを今でも覚えています。先生から「どうしたの?」と聞かれ続けましたが、理由はわかりませんが…泣く理由はわかります。おばあちゃんに会いに家に帰りたいです。それで全部です…。
小学校1年生まで、私はまだ内向的でした。
    通常、他のクラスメートがチャットのために私に来ます、私は彼らに返信するだけです...
ある日、いつものように目が覚めました。朝、おじいちゃんが居間で朝食をとるのを楽しみにしていましたが、居間に入ると、昨夜から居間に行っていなかったので、家にいないように感じました。 ..

    「おばあちゃん!おじいちゃんはどこ?」

    「ねえ...変だ、なぜおじいちゃんはまだ家に帰らないのか...?」

    私が祖母を見たとき、彼女は混乱して心配そうに見えました。

    おばあちゃんでさえ、おじいちゃんが家に帰らない理由を知りません...

    「ああ、あなたは最初にシャオユエを学校に送ります!」

    おばあちゃんはすぐに母親にこう言いました。

    おじいちゃんが家に帰らなかったのはなぜ…?私も心配です
放課後、私は急いでおばあちゃんに、おじいちゃんを見つけたかどうか尋ねました。

    「いいえ...私は彼の電話を手に取りませんでした...私は彼が行くかもしれないところに行きました、しかし私もそれを見つけることができませんでした。」

    おばあちゃんの答えを聞いて、元々の不安が爆発したようだった…

    その後、家族も「行方不明」と報告した。叔母も含めて家族みんなで、おじいちゃんが毎日行く場所を探しています。

    最後に、祖父を探すために両親と一緒に寺院に行くことがよくあります。

    まるで人里離れた場所のように、山々と緑豊かな森に囲まれています。その時、たまたま太陰暦の7ヶ月目でした。

    最初、父はおじいちゃんの車がお寺の駐車場に駐車しているのを見ました。でもおじいちゃんは見ませんでした...
     ある日、家族は「おじいちゃんは死んだ…」と言った。
突然、底なしの暗い穴に落ちたような気がしました。なぜ...おじいちゃんはなぜ死ぬのでしょうか?頭の中の混乱と悲しみに飲み込まれました。

    でも、家の悲しい雰囲気を見ると、どうやって聞いたらいいのかわからない…

    私の良い時代は少しずつゆっくりと消えていきます。
    この時期、家の雰囲気はもちろんとても厳粛でした...
その年、祖父が亡くなってからほぼ2ヶ月が経ちました。

    いつものように学校に行くと、母は急いで学校に行きました。

    "なぜそんなに急いでいる...?"
     母は仕事に遅れたと思った。
その日、学校から帰ってきたのですが、遅刻しました…家には母と私という二人しかいませんでした。

    私の祖母、父、叔母は彼らがどこにいるのかわかりません。
   居間のドアが開き、おばあちゃんとお父さんが戻ってくるのが見えました。奇妙な...私の叔母はどこですか?
「まあ……おばさんはどこ?」
「死亡しました。」
……どうして?

    その時、私の家族は私の叔母がうつ病で亡くなったと言いました。しかし、私が若い頃、なぜ「うつ病」が人々を殺すのか理解できませんでした...

    小学1年生でしたが、愛する家族2人が1年以内に亡くなりました…大変なショックでした。

著者のChen Yuさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。