すみません、私は精神的に病気です「第二章」

私の良い人生はここで終わります。


    叔母のピアノが聞こえなくなったり、おじいちゃんの愛想のいい笑顔が再び見えなくなったりします。
    葬式に出席した後、毎日早く寝たのに…でも、全然眠れませんでした。なんでかわからないけど、毎日寝てリラックスできる音楽CDを聴いて…泣き続ける。
    とても悲しい...胸全体が重く感じます。
小学校2年生でもその日の思い出が忘れられませんでした。

    ネイチャークラスの終わりに、友達のAと私は学校の遊び場に行きたかったので、わくわくしながら教室を歩きました。

    「さつき!ちょっと待って!」

    友人Aが私を大声で呼んだ。私が速すぎたので彼はついていけなかった…?

    しかし、私は彼ができるだけ早く来るべきだと考えるのをやめませんでした。

    私は一人で遊び場にいて、長い間友達Aを待っていましたが、誰にも会いませんでした...

    「ねえ!さつき!カマキリを踏みにじる!まだ彼を無視していると言った!」

    うーん...カマキリをうっかり踏んでしまった…?

    男性の同級生が怒って私を見ました。

    "私 ..."
  「今、クラス全員があなたを待っています!」

    クラス全体...クラスメート全員...?
私が最初にその場所に到着したとき、クラスメートが私を囲んでいました。
「さつき!見たことがありますか!このカマキリは踏みにじられて死んでしまいました!」

    「このカマキリはまだ妊娠しています...」

    「たった今電話したけど、止まらなかった!」

    「急いで、このカマキリに謝罪してください!」



    クラス全員のタフな態度を見ました。そうです...私はまだ謝罪しなければなりません...

    "ごめん。"

   「シャオユエは誠実だとは思わない!彼はひざまずいて謝罪すべきだ!」

    私はモニターがクラスに大声で話すのを見ました。

    「私も思う…彼は生きている命を殺した!私はひざまずくべきだ。」

    ひざまずいて...ひざまずいて謝罪するべきか...?

    クラスメートの叱責がどんどん大きくなっているのを聞いています。

    ひざまずいて頭を下げ、「ごめんなさい」と重い口調で言った。

    「授業から久しぶりのようです…帰りましょう!」
  「はい!本当に…カマキリを踏んだのはさつきのせいです!」
      ひざまずいて謝罪した後、私はいつも私の心に言いようのない不快感を感じました...
    これは私の...初めてひざまずく...クラスの前でカマキリの死体に直面している。
「みなさんはどこへ行ったの?久しぶりです!」

    数学の先生は私たちのクラスに怒って言った。

    「シャオユエは故意にカマキリを踏んで後悔していないので!だから謝罪をお願いしただけです!」

    この文章を聞いた。

    「故意に踏みにじられて死ぬ」…?故意に踏みにじって死ぬことはしなかった...

    数学の先生の表情が突然とても変になったのを見ました。

    「こんな風になるとは思っていなかった…さつき」

    私は誤解されました...私は何かを言う必要があります。

    「古い...先生、あれ...」

    「さて、誰もがすぐにあなたの教科書を取り出します!クラスの準備をしてください!」

    うーん...説明の余地すらありません。それを忘れて...言うことは何もありません。

    これが起こった後、クラスメートはほとんど私に再び近づくことはありませんでした。

    その時、「忘れて、言うことは何もない」が私の哲学になりました。



    これらの大小のことは学校で起こります、たとえいくつかのことが誤解されたとしても、私は教師や私の家族にはあまり言いません。

    毎日学校から家に帰るとき、おばあちゃんのやつれた顔を見て、いつも「おばあちゃん!さあ!愛してる!」と言います。

    私は夫と娘を失うことがどんな感じか知っています...それは不快であるに違いありません。
だから私は私の好きなおばあちゃんに学校で毎日何が起こっているのか教えません...

    お父さんは仕事で忙しくて、文句を言いすぎるのは不便です。

    母はとても真面目で、家に帰ると宿題をするために部屋に駆け込みます。彼女が仕事から戻ったとき、彼女は彼女がチェックするために宿題をします。確認して、たくさんの評価レポートを書きたかったのですが…書き終えて9時過ぎで、ランドセルを詰めて寝ました。

    これは私の毎日です...だから私は学校で私に何が起こったのか母に話しませんでした。母は私に「今日学校で何が起こったの?」と尋ねませんでした。
    小学校2年生から「心を話さない」が習慣になっています。

著者のChen Yuさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。