自分から告白して付き合ってきた話。

前話: 祖父から生きるためにコレだけは気をつける三ヶ条の話
次話: 事実は小説よりも奇なり 〜ブログネットストーカー恐怖事件〜

 私は相手から【告白】されて付き合ったこともあるけどまず続かない。






続いたのは【私から告白した】場合のみ!!
あとは向こうから【俺の事嫌いかそれとも好き?どっちか】と聞かれて【好き、かな🤔】と
答えてそのまま付き合ったこともある。




これ、ずるいよね?! 
ホントに【無理】な場合は相手を傷つけないように丁重にお断りする。

それも【早期段階】で。




 
だいたい恋愛に発展するのは
【男友達】だったけど【異性として意識】してから3ヶ月以内にどちらか告白
【出会って3ヶ月以内になにか相手からお誘いがあるか】が ないと
【脈はない】



私もだし、周りもだけど
なかなか【異性の友達】として永年付き合うともう
【兄妹とか姉弟】なような、異性だけど恋愛対象じゃなくなって
そのままズルズル【異性の友達】であることがある。





ただここで【インターネット】という 【Spoon】という配信アプリだけ 
【異質】で違うのかもしれない。

なにか【キッカケ】があれば
【恋人】になることもある
※スプ婚、Spoon婚活、というものがある。
ただ
それは
【諸刃の剣】





インターネットで出会った人は
また【インターネットで何かある】ような気がする。
 そこを信じきれるかどうか、だよね。




インターネットでもリアルでもいい。
みんなに素敵な恋が訪れますように。

特に【意地悪】するひとほど
私は【幸せ】を願う
その人の願いが叶うことを願う
【幸せな人は意地悪しない】し
【マウントも取らない】からだと
教えてあげたい。





#ことねぇ
#恋愛
#異性の友達はなにかキッカケないと進展しない
#恋愛って何?!
#いっそ中性タイプで生きていく

続きのストーリーはこちら!

事実は小説よりも奇なり 〜ブログネットストーカー恐怖事件〜

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。