最愛のビッチな妻が死んだ 逮捕編09

7月16日

 社長が面会にきた。このnoteをネットフィリックスの全裸監督みたいに映像化したいと、完成させて賞を取れと言ってきた。結局、何が伝えたかったのだろうか。出所日、車で迎えにくるみたいなこと言ってたけど…。父親からの手紙はなんか萎えるな。同じく、何が言いたいのかわからん。

畠中恵『しゃばけ』、読了。オムニバスの『あやかし』で読んだ人で好きな作風。今、読んでる『鳩の撃退法』は何か文体にクセがあって読みづらい。ヤリ過ぎる傾向あるのね。最近の作家さん。技巧派っちゃあ、そうか。シンプルなモノでよいのにな。

 あ〜同室の奴に何で捕まったか聞きて〜。愛知県警とか警視庁とか言ってたな。いつも日経新聞とプレジデント読んでる犯罪者…何だろ。サギ師とか。昔、あげはに結婚サギ師勧められたっけ。

 踏み込みが足りないな。一回こっきりの大勝負になりそう。書くのはいいけど、テンションが持つといいな。19時、あと一時間は書ける。調書とかコピーさせてくれないかな。しかし、どんどん新しい奴入ってくるな。犯罪者多いな。パクられるの何十倍もいるんだろうけど。

 相変わらず点呼に慣れない。うるさいだけだ。金に余裕があれば、出たら旅行とかに行くのに。出所したら、ありがたいことに仕事に戻れる。今日の看守はハズレだな。使えねえ。まず席にいねえ。退屈だろう、退屈だ、退屈に違えねえぞ。


7月17日

佐藤正午『鳩の撃退法』、読了。読まなくてもよかった。次のイシグロ・カズオも初だな。あと3日。長い。いや、長かった。ヨガやりたい。心療内科、歯医者もだ。この土日を超えれば。精神的疲労がヒドいな。ゆっくり寝たい。

 いい加減、この生活に慣れてもよさそうなもんだが、全然慣れないな。24日目がもう少しで終わる。さっさと起訴して、とっとと出せばいいのに。食事がギリギリ食えるぐらいのマズさをキープしているのは何か意味があるのか。日曜日はスイーツ食えるとか。ホームレスなら喜びそうだな。

 二度と捕まるのはゴメンだ。いや、絶対ムリ。清志郎とか聴きながら、ユラユラしてたい。留置所縛りじゃない本が読みたい。シャブでパクられるってキツいな。あ〜なんか楽しいこと考えよ。そういや、明日はスイーツの日。初どら焼き。と牛乳。ちょい楽しみだ。出たら、何でも食べれるが。

 非合法は怖いな。ブツをどこで受け取るか、考えものだ。時間がかかっても駅構内はマズい。出どころ探さなきゃな。また入所か。出る時、どこで手錠外すんだろう。だいたい、ココどこ? 駅から遠いんだろうか。絶対、まずタバコ吸うな。

 11番、とは呼ばれ慣れたが、イケメン呼びする看守は何なんだろうか。この1ヶ月で読んだ作家の幅は広がったな。現代小説あんま読まないから、いい機会にはなった。ミステリーが書棚に大いにのは売れてるからかな。東野圭吾とか、池井戸作品とか、こういう機会じゃないと読まんよな。『しゃばけ』シリーズは買ってもいいかな。筒井作品や宮部みゆき、湊かなえもよかった。出てもチェックしよう。今日もあと少しだ。本の続きでも読もう。


7月18日 

 あと2日。正確には今日寝たら。あと1日。終わりが見えてきた。今日はさだまさし『解夏』、普通におもしろかった。カズオ・イシグロ『日の名残り』、村上春樹(なんか旅行モノ)。あと1時間と1日の我慢。

 前の売人に「量少ねえよ」「前回の分、上乗せ」と言って聞かなきゃ、他から引こう。そうしよう。

 出るのが待ち遠しい。読書三昧だな、明日までは。トンがってた目が元に戻ったが、いい体験とは言えないな。好きな時間に飲み、読む生活に戻りたい。音楽聴きたい。

 次の日から仕事に戻れるのか。1、2日休んだ方がよくないか。社会に戻るのが怖くなってる。金儲けの副業探したいな。楽して儲かることはないな。ヤバい仕事も。

 書くことが習慣になったのはいいことかも。性のハケ口。人間欲。家では何読んでたっけ。やっぱり、読書は最高の娯楽、ドラッグ足り得る刺激。良作は時間を忘れさせてくれる。会話のないのが意外とキツい。出たら少しはおしゃべりになるんだろうか。

 使ってない筋肉とか肺活量とか落ちてそう。冷蔵庫の賞味期限、ヤバそう。ガサ入れ入ってるしな。押収したシャブ、返してほしい。ココの署、外国人多いな。通訳いないのキツそう。

 コッペパン、思い出に残るな。ワッフルはおいしかった。どら焼きは普通。イライラすること、離脱症状はなかったな。明日乗り切れば、終わる。


7月19日

 高杉良『辞令』、村上春樹『遠くの太鼓』、読了。高杉良は昔の池井戸系なのかな。今日、ケータイ他が戻ってきた。留置所にだが。明日、出れる。やっと希望が出てきたな。ずっと5獄、11番やってたけど、シャバに出れる。

 ずっと新しく入った外国人が看守とケンカしてるな。明日出れるの夕方なのか。心療内科行けるか。できれば昼メシ食べてすぐがいいな。

 結局、全然口を割らなかったことになるのか。クレーム入れるためか。明日出れたら、はかどるな。ハッパふかして、寝てしまいたい。しかし、やるべきことが山積みだ。ヘロインは長期戦も覚悟しないとな。必ず手に入れる。死と直結する。

 反面、人と会いたがっている。やりたいことは実行する。オーバードーズ。致死量をブチ込む。リミットに縛られず、突入する。示唆。暗喩。ヒント。トドメを刺すのは誰か。それは結果的に自分だろう。

 ココまできたら、あとは待つ。あの時の約束を果そう。「死に別れたら、あとを追う、もう十分だ。しかし、長かった。完結、完成させねば。

 大事な人、いなくなっちゃったから。大切なモノを失くしてしまったから。次のステップへ進もう。現世とバイバイしちゃおう。さようなら。

著者のKitahara Kyousukeさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。