雑感

獄中から出て、1ヶ月が経過。相変わらず、希死念慮と薬物への欲求はなくならないが、スリップせずクリーンな日々を過ごしている。勾留されてた期間と合わせて半年間ぐらい入れてない。
 クリーンと言ってもアイスをやらないだけで、酒もタバコもやってるけど。年末年始、ヒマだからドラッグに逃げないよう気をつけないとな。今日はクリーンで過ごそうぐらいの、意志は変わらない。ダルクみたいだな。
 薬物やってる時の、時間が早く過ぎ去る感覚が好きだったな。瞳孔開いて、何もかもがキラキラして見える、あの感覚。変わりに落ちてる髪の毛でも気になっちゃうけど。
 ポンプ打ち過ぎて刺青が傷付いたのはショックだし、やり過ぎた。そこは後悔してる。アイスは最初の一回(特にポンプ)は爽快感あるけど、使うのが日常的になると、勘ぐりや被害妄想、マイナスの部分が多過ぎる。白い粉はやめとけって感じだな。ハッパぐらいにしておけってことか。
 今年はいろいろあったが、人生初の逮捕は痛かった。時間をドブに捨てた。たしかに職質喰らうぐらい顔色ヤバかったな。少しずつ体重戻ってきたが、摂食障害はヒドくなってるな。過食嘔吐がやめられない。
 摂食障害は30年近く付き合っているが、マンチー状態になると特にヒドい。基本的に一人でやるのがよくないな。歯止めが効かない。今はウーバーあるから、外出なくてもいいし。
 ガッツリ喰ってる時、なぜ性と結び付かなかったか不思議だ。快楽主義的倒錯に酔いしれることができたのに。時間が許すなら、メタンフェタミンとアンフェタミンの違いを実感したい。脳を乗っ取るヘロインも。
 コカインよりアイス、酒よりLSDやハッパ、精神安定剤よりタマの方が多幸感を強く感じる。ハイになる解放感覚、変性意識状態になるのが、好きで嫌いだ。音楽や本でもトベるし。ルールは破っても、最低限のモラルは守るぐらいのスタンスは変わってない。
 薬物をあったらやるのかと聞かれるとモノによるとしか言えない。アイスはやらないな。死はミニマルなモノだと思うけど、ミクロはマクロにつながっているから、迷惑かけたくないって気持ちがある以上、楽しめないと思う。タガが外れる時もあるだろうけど、そこらへんは致し方ないなと。
 なぜ、逮捕2回で実刑免れたのか不思議だ。決して弁護士が有能だったとは思えない。むしろポンコツっぷりがヒドかった。社会的制裁と罰は別なんだろうが、勾留されてる期間考えれば、もう充分受けた気がする。
 恋愛できない身体になったのは痛いとは思えないが、人を好きになるって感覚を忘れてしまったのは悲しいな。ハマるモノが減った。ハサミでズタズタに切り裂かれた布のように、二度と戻れないいびつな形に慣れてしまった。無情にも時が解決してくれるだろう。
 白く塗り潰すことに失敗したから、次は黒く塗り潰す。絶頂の中、死ぬことが許されないのなら、絶望感いっぱいで死を選ぶだけだ。希望を持たないから、絶望もないか。心中が一番理想的。未練はない。未来と行く末には!しかない。

著者のKitahara Kyousukeさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。