雑感02

1月2日 
 本音で話せる人がいないのは、非常にツラいことだ。刺青の理由、精神病院の話や逮捕された話。希死念慮、自殺願望のこと、ドラッグ依存性。存在すべてが反社なこと。ブチまけてしまいたい欲求に駆られる。
 人が離れるのには慣れている。精神的、金銭的に裏切られたことや死なれたこともある。コレ以上ない底をついてきた。
 さて、ココで致死量のドラッグがあります。確実に死に誘ってくれることでしょう。いつでも、いけるという安心感が。楽しそうに、歌うように死ねる。時がくれば人は忘れてくれる。
 自殺は最高の自愛表現。負けたんじゃない、負けるために死を選ぶだけだ。
 こういう時、どんな風に笑えばいいんだろうか。表現するべき笑みが浮かばない。単語と動機が結びつかない。覚醒剤の始まりと終わりみたいに、始めはイイこと10でイヤなことと0だったのが、末期はイイこと0でイヤなこと10みたいな感覚。
 死が2人を分つまで、一緒にいたよ。遺された者は、死にそびれた者は、悪魔に魅入られた者は、ただあらゆる手段を使い、ドラッグを駆使して生き延びただけだ。生産性はない。
 誰かと付き合い、恋人関係になっても僕が反応しない。シビレるような体験はなかった。不感症。性的欲求がない。シャブのせいか知らんけど。恋愛にドップリ、ハマった状況で頭を打ち抜きたい。もう堕ちるのはゴメンだから。
 力なく、気だるく生きるなら、キラキラした瞳孔開けっ広げの日々を選ぶ。その先は死だ。
 見えないモノが見え、聴こえない音を拾い、心中してくれる相手を探す日々です。
 生まれてきてすいません、とお前らが謝れ。誰にも必要とされない人間は死んでますね。もう、トベないな。ムリしなきゃ生きれない人間は死んでもいい。
 希望を抱かないと、絶望と呼ばれるモノに直面した時にも、ああ、こんなモノか、やっぱりとか諦めがつくので楽だ。カンタンに狭間を飛び越えてしまう。時間がない。もう、迷惑かけたくない。巻き込みたくない。答えは出てる。

著者のKitahara Kyousukeさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。