生きてくためのノウハウ、統合失調症でも

障害者手帳二級を取得しました。

そんな僕の処世術です。
生きにくい、だから行動をする。
具体的には
筋トレをすること。
強力だと思うのは、僕の場合、二回だけ腕立て伏せをしたこと。精神科の保護室でも腕立て伏せをしていました。
どんな心構えをしたらいいのか。目をつむること。体の感覚に意識を向けること。呼吸に意識を向けること。成長するためにはどうしたらいいのか。何時なんて関係ないから外で歩くこと。
自己肯定感を身につけるには。繰り返し行動すること。悩んでいる人に対して大丈夫ですよと言うこと。大丈夫だよと自分に言うこと。繰り返すことで学習が強化されます。そうすると本当に大丈夫と思えてきます。
僕の場合は必ず良くなると自分に五年間言葉をかけ続けてきました。今は根拠なく大丈夫だと思えています。
幻視、幻聴、妄想があった時期はあと一週間で自分は死ぬんだと思ってました。そう感じると雪が輝いて見えてました。
そんな時でも、必ず良くなると思っていました。
人と違う生き方をしてきて、今は姫野桂の生きづらさにまみれてという本を読んで、人と違ってもいいんだって思えてます。
臨床心理士の伊藤絵美のセルフケアの道具箱はおすすめです。

著者のtama nakamuraさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。