16人生の岐路 / 映画製作が嫌いになったわけ

前編: 15人生の岐路 / 無駄な時間ばかり
後編: 17人生の岐路 / 規則を守れない大人たち
電車に揺られながら、大学二年生の思い出を振り返っていた。
これまで赤裸々に綴っていたけど、その方向性で大丈夫かなと不安になった。
映画製作については嫌いになったけど理由がしっかりあることを覚えておいてほしい。

正直、苦しかったし、逃げたかった。
けれども、学んだことは多かった。

では書いて行く。
ゼミ制作だけでなく、もう一つ、大きな出来事があったのだ。
記憶から抹消していたから思い出せなかっただけ。


〜二年生が始まる〜

ゼミの制作と北白川派。
この二本柱によって、映画製作が嫌いになった。
この二つを選択していなかったら、映画製作が嫌いにならなかったかもしれない。
人生はどう転ぶか分からないって実感した。

☆北白川派とは、大学の教授であり、現役の映画関係者である先生方と学生、そしてプロの俳優さんを御呼びし、映画を撮影するもの。俗にいうインターンシップである。ただ、俳優さん以外は大学関係者である。
ゼミ制作と北白川派。
2つともヘビーすぎて、どこから話していけば良いのか頭を整理するのにも時間が掛かりそうだが、箇条書きで記していこうと思う。

これから書く内容はあくまで私、個人の意見なので製作に関わった人が違うと言えば、そのように捉えてほしい。ちっぽけな私が見た小さな世界だ。

北白川派

まず、参加したことに後悔した。
仕事としてのやりがいは十分あったが、人間関係がどろどろすぎた。
ふと気を抜いた時に、いじめの悪夢が蘇ってきたのだ。
怖い…恐い…と暗闇の中を走り回っていた。
それに、裏であーだこーだ言う人がいた。

不安と要領の悪さに加え、びくびくする日々だった。
一方的にストレスがたまっていった。
面白い < つまらなかった。
相手に併せて、逃げることしか考えていなかった。

そして、事件は起きた。
当時、私は監督を務める先生から信用されていなかった。
ブラックリストに名前が挙がるような立ち位置。
その時はがむしゃらだったけど、心では諦めていた部分も多かった。
嫌われてるし、自分も嫌いだし、どうでも良いや…て。

先生からどうしようもないヤツと思われている時に、私は過ちをした。
寝坊をして、ロケハン兼建て込みに参加できなかったのだ。

撮影の前日は、夜中の0時まで大学で準備をしていた。
翌、朝の3時に集合して、何台かの車に分かれて撮影場所に行く流れだった。場所は京都から車と船を使って5時間ぐらいだったはず。
なのに私は起きれなかった。
人生、オワッタと思いました。

着信履歴には50を超える着信があり、顔面蒼白でした。
さて、電話を掛けるか否かと考えている時も、監督の激怒した顔が思い浮かび、携帯を握りしめ、言い訳をひたすら考えた。
困っている気持ちって伝わるんですね。
友人から電話が来て「起きてる?」と言われた。誰でも言える「ごめん…頭が強烈に痛くて行けなかった」と嘘をついた。
次の瞬間、監督の先生が電話に出て、「さよなら、大橋」と言われた。
ベッドの上で泣いた。
でも1時間で涙は止まり、北白川派を辞める理由をひたすら考えた。
でも全然、思いつかなかった。
ロケに参加できなかったとは言え、辞めるとは言ってない。みんなが戻ってきたら、私はみんなの中で撮影に向けて準備を進めていくことになる。だからこそ、帰ってきたその日に、辞める旨を伝えなければ、と思った。

結果として、北白川派を辞めたが、すぐには辞めさせてもらえなかった。
「大橋は、よー」と何度も説教をされたけど、魂はなかった。いつも反抗的な態度を取り、「分かりました」と肯定的な返答をすることは一度もなかった。
辞めたいと思っているのに辞めれない。
なんで辞めさせてもらえないの?疑問ばかりが募っていった。
ロケに行っていない人間は、置いてけぼり。
自分の過ちがすべてではあったが、少しだけ、窮屈な空間から解放されたと思った。

だが、北白川派に関わっている方との普段の交友関係に悩み、だんだんと映画学科のある校舎に授業以外は立ち入らないようになっていく。
つまり、会いたくなかったからだ。

しばらくして、ゼミ制作が忙しくなり、辞めることが認められた。
結局、私は役に立たない人間だった。
先生からの執拗以上の圧迫があったからと言ってもどうせ言い訳や愚痴に過ぎないだろう、だから何故参加した事を後悔したのは敢えて言うつもりはない。
ただ、途中までだったが、映画製作の厳しさは肌で感じた。
逃げたに超した事はないけど…。

共同製作って誰とやるかが本当に大切だと思った。
私はこのチームでの関係の仲間入りはできませんでした。
恐かったし、怖かった。
本音で向き合える仲間がいなかったのも大きかったと思う。

だからこそ、北白川派を辞めて私は自由を得たとか思ったが、ゼミの製作で私はさらに人間関係について考えさせられるようになっていく。
何度もキレたし、何度も泣いた。
警察沙汰にもなった。
途中で投げ出したくなったけど、単位を落とすのは嫌だった。
ゼミの完成よりも、単位を気にしていたのだ。
長くなってしまったのでゼミの製作は次に書いて行く。

続きのストーリーはこちら!

17人生の岐路 / 規則を守れない大人たち

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。