私が大企業での出世の道から下りた本当の理由 その2

1 / 2 ページ

前話: 私が大企業での出世の道から下りた本当の理由


17年前、総従業員数が20万人を超える大企業に、気合いと元気だけでなんとか就職。泥臭く仕事をしながら、同期のトップグループで課長まで昇進。


学生の頃の自分からは予想できない状況。


「俺、良くやってるよ、出来過ぎじゃん」と心の中でつぶやきが聞こえてくる。

ただ、それと同時に、

「このままでいいの?どうすんの俺?」という問いが波の様に繰り返されていました。



起業する訳でも、転職する訳でもなく、

絵に描いた様な模範的な社会人生活を送ってきていた。


辞めたいと思う様な出来事はあっても、本気で辞めようと思った事は一度も無い。


仕事も仲間も、築いてきたキャリアも、自分にはもったい無いぐらいよく出来ている。

また、それを手放す程、自分に余裕がある訳でもなく、別に熱くなれるものがある訳でもない。


これまでよくやってきた、出来過ぎ。というのが実感。


ただ・・


入社以来、求めてきて得られていないものが一つあり、

それをあきらめられないという思いがずっとあった。


得られていないものそれは、

「心の底から楽しい」という感覚。



近い感覚は知っている。


学生時代、中学・高校・大学と陸上競技に没頭。

ただ走るというシンプルさが好きで、

日々のトレーニングは苦しいが、とにかく心底楽しかった思い出。


テキトーに出来ない性分なので、

就職を機に、陸上競技からは離れた。


今度は仕事で心底楽しもうと!



それから17年。


未熟感や負けん気から始まり、

責任感や、達成感、充実感など、

仕事を通じて、いろんな感覚を得てきた。


が、テレビや雑誌に出ている人が、キラキラしながら

これをやるために生まれてきましたと言わんばかりの

楽しそうな状況や感覚を得た事は正直なところなかった。


俺には無理なのかな?


いや、何かを変えれば大丈夫。


心の中でそんなやり取りを繰り返しながら、

いろんな仕事にトライした。


・営業、開発、マーケティング、人事・・・


社外の活動も増やした。


・中小企業診断士、ビジネススクール、異業種交流・・・



器用ではないが、何でも一生懸命やってしまうので、結果はついてきた。

ただ、同時に何かが違うという認めがたい感覚だけはいつも残った。


結局、自分なりにいろいろやり尽くしたところで、八方ふさがりとなった。


自分の前には、すでに道が出来上がっていた。

今の会社で期待されている仕事がある⇒懸命にやる⇒結果を出す⇒評価を受ける

という道だ。

悪くない、というか、リーダーシップを発揮できるここからが本当に面白いところ。



ただ、何かが違う。


その何かはわからないが、違うことだけはわかる。


わがまま?甘え?妄想?現実逃避?


訳がわからなくなり、もう自分ではどうしようもないという段階まできたので、


・条件を外して(≒正直になること)

・メンターのサポートを受けながら

無意識に避けてきた本当の自分に向き合おうと思った。



一定のキャリアを積んだ30代で、ゼロベースで人生を考える事は恐怖に近い。

これまでの立場や収入、家族など守りたいものがある中で、

出てくるものによっては、すべてを捨てることになりかねないからだ。


人は、それが快くても不快でも、慣れ親しんだものを自然と守ろうとする。


ホメオスタシスという機能だ。


体温を一定に保とうとする様に、思考や行動習慣も変えない様に自然と機能する。


だからこそ、

自分では気付いていない、本当に大事なことに向き合おうとすれば、

無意識に自分の常識内で考えてしまわない様に、


・信頼できる第三者のサポートを入れつつ

・頭だけではなく、感覚を頼り

に進めていくことは有効だ。


体験からも、

自分にとって、本当に良いことは、頭でなく感覚が伝えてくれる、

というのが正解。

(良い話でも気が乗らない場合があるし、理由はわかんないがこれが良いというのもある)



私の場合は、

会社員気質を過度に採用しすぎていたせいか、

周り(会社や上司)の期待には何が何でも応えるというマイ・ルールが強すぎた。


結果、自分が望まないことでも期待されればやり、

著者の迫平 直幸さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。