17人生の岐路 / 規則を守れない大人たち

1 / 3 ページ

前編: 16人生の岐路 / 映画製作が嫌いになったわけ
後編: 18人生の岐路 / レンアイ連鎖
ゼミの製作は一波乱も二波乱もあり、一筋縄では行かない。
さて、どこから書いて行こうか…。
取り合えず、完成までの大まかな流れから。

4月 ゼミごとのクラス分け
5月〜7月 企画、脚本の完成
⇒随時ロケハンを行う。キャストのオーディションも同時進行
8月〜9月 撮影
季節が定められている組(グループ)は時期をずらすことも可能。
ただ、12月が完成の目安なので、それにあわせて逆算して撮影を行う。
10月 撮りこぼしがある場合は再度、撮影

11月〜12月 編集
1月 上映会

一般的な流れである。
しかし、私のグループは撮影スケジュールを立てても、すぐにぐちゃぐちゃになっていくのであった。

①時間を守れない

本当に困った話だ。
私の撮影グループは、メインで、男6人、女2人だった。
話し合いを行う際に毎回、遅刻者続出だった。
みんなの事情は知らないが、寝坊する人ばかりだったので14時に設定する日々だったが、その時間帯にしても集まるのは私と、もう一人ぐらい…。
全員が揃うのはほとんどなかった。
半分以上が揃うのは集合時間の1時間後が当たり前だった。
プロデューサーを担っていたので、スケジュール管理には注意していたが、いつもイライラしていたのは間違いない。
注意しても誰一人として、次は早く来ようという意識がなかったため、だんだんと私は呆れていった。
グループは先生が独自に決めたとは言え、最悪でした。

②監督としての意識ゼロ

私のグループは、Yが監督だった。
それなのに、遅刻は当たり前の子でした。
さらに、マイペースにも程がある。
スケジュールが大分押し、撮影を考えていた時期がずれていたのにも関わらず、自分のこだわりがあるとかないとかで、脚本が全然あがらなく、ヒヤヒヤする日々だった。
また、撮影よりも、プライベートを優先することが多く、作品に対する意識が低いと感じた。
一度、撮影リハの時、Yが遅刻してきて、
「やる気なかったら別に来なくていいけど」と強気で言ったら逆ギレされたことがあった。
「別にYがいなくても問題ないけど」と言った覚えがある。
この時からYを本格的に嫌いになった。
才能はあるけど、基本的なルールを守れないYが嫌いである。
この後も何度も衝突することになる。

みんなの読んで良かった!