20人生の岐路 / 100人100旅とは

前編: 19人生の岐路 / 使えない人間
後編: 21人生の岐路 / 歩いてばかりの旅
3年生の夏、奇跡的な出逢いをした。
それは、100人100旅である。
旅好きが集まる団体だ。
交流だけじゃない。最終的に本を出版する。
9割社会人の中に、参加する機会に恵まれたのだ。

私と100旅の出逢いは、mixiの足あと。
Pさんという100旅の主催者からの足あと
Pさんのページにいく
100旅を知る
すぐに参加表明

旅好き、そして出版。
このキーワードに惹かれた。

知らない人の中に飛び込むのは怖くなかったの?とよく交流会で聞かれるが、一切、気にならなかった。
人と違ったことをとにかくやりたかっただけ。

ちなみに、100旅は全国規模の団体のため、東京もしくは大阪の集まりとなる。
私は基本的に大阪だったが、時間さえあれば、東京にも足を運んだ。

具体的な集まりとしては、
・顔合わせ会、クリスマス会、忘年会、新年会
・お花見、BBQ、キャンプ、雪合戦大会
・国内外問わず、旅行
・登山に、海に、イルミネーションに…
週1のペースでイベントや飲み会があるほどだ。
参加する度、旅の仲間ができ、情報交換をするのも魅力の一つ。
最終的には出来上がりホヤホヤの本を手に、出版記念パーティーを行う。

私が参加したのは、第6弾。
100旅が本を出版してから、6度目となる年だった。

私の武器は、大学生。そして京都在住だった。
大学生⇒若い 100旅の参加者の平均年齢が30歳前後だったことがあり…
京都在住⇒羨ましい
それに、美大というワードで、どうにか顔を覚えてもらうことに成功した。

まさに十人十色…いや、百人百色。
話すのが楽しくて仕方なかった。
視野が広がったり、何より、一人旅に出る機会が増えた。
野心が芽生えた。

第6弾『100色で描いた世界地図』では、トップページに私の記事が載っています。
文章は私を含め、素人同然ですが、写真は美しいものばかり。
少しでも、旅に出たい気持ちになれば幸いです。
書店の他、amazonにもありますので是非。

100旅は残念ながら、第7弾で活動が終わりとなりましたが、交流は以前と変わらず、続いております。

ちなみに、第6弾で参加した私は、最終となる第7弾にもしっかりと参加しました。
こちらは忙しくて、あまりイベントには参加できなかったけど、楽しかったのには変わりない。
第7弾『明日また旅に出たくなる 100の話』

多くの仲間…旅の先輩に出逢えて良かったです。
一期一会に感謝。
旅のことだけでなく、知らない世界に飛び込めたのも事実。
改めて、Pさんを始め、多くの先輩には感謝感謝です。

実は今度、ままチャリレースに参加するんだ。
それまでに足腰、鍛えなきゃ。

次は、ゼミ制作の予定でしたが、旅のことを書いていこうと思う。
旅にはハプニングがつきもの。
特に印象深い旅の思い出でも綴っていこう。

続きのストーリーはこちら!

21人生の岐路 / 歩いてばかりの旅

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。