5 min read

まだ一回も婦人科検診を受けたことがない20代女性がいたら是非読んで欲しい、卵巣手術した時のお話。

Picture?width=400&height=400
著者:
Fujiwara Ai
1 / 3ページ

だってこわいもん。


2012年3月末、当時25歳の私は初めて産婦人科へ検診に行きました。

周りの友人が急に子宮頸がんとか言いだして、検診行った?とか聞かれて

答えがノーだと凄い勢いで受けなさいよと言われていた、

のに なかなか行けずにいました。みんなも怖いよね?

正直未知の世界が怖かったし

病院好きじゃないし(好きな人いないか)

私はきっと大丈夫だろうと自負していました。

そんな私が行こうと奮起した理由は

年内にインドネシアへ移住することを決めたから。

安心料を払うつもりで受診しに行ったのです。

(25歳になると市から無料検診の案内があるそうなんですが、なかなか実家に帰れず近くのレディースクリニックへ行きました)

子宮頸がんとかエコーとか細菌の感染とか

膣洗浄も一通り丸々受けました。(というか勝手にされました)

全部で13000円弱だったと思います。。。

そして二週間後、4月中旬検査結果が出ました。


女医さん
あなた、子宮内膜症、右卵巣チョコレート膿腫だわよ

(※発言イメージ脚色してます)

生理痛がひどいのはこの内膜症のせいなのよ。子宮内膜症は卵子を守るベッド以外のところに血が溜まって、生理の度に血の層が溜まり剥離を繰り返すから、無駄に月経血が多かったり、月経血剥離の際に子宮内を傷つけたりしちゃうわけ。これは痛いわ。ピルを服用して子宮を休ませちゃったらいいのよ。卵巣チョコレートのう腫は、内膜症による月経血が卵巣に溜まる内膜症と同じで付き合っていかなければならない病気でさ、なんたらかんたら・・・!!!


ハイ、ワカリマシター。
女医さん
左卵巣に4センチ程の影が見えるわよ。紹介状を書いてあげるからMRIで精密検査すればいいのよっ
ハイ、ワカリマシター。


後日、撮影したMRIの画像が産婦人科に送られ

検査結果を聞きに行くと例の影は

右卵巣奇形腫約8センチ

であることが発覚。

奇形腫は脂肪や髪の毛、ひどい人は歯が生えてきたりします(原因不明)

薬で抑えることが出来ない為、また必ず少しずつ大きくなっていく為

遅かれ早かれ手術が必要です。